【後編】サウナについて語る:ひなんちゅ(SILENT SIREN)・矢部ユウナ・笹野美紀恵【語ROOM】

BEAUTY
LIFESTYLE

『語ROOM』この企画はひとつのテーマについてゆるく、でも熱く語っていただくという企画で、ここでしか聞くことができないお話を出演者の方々に存分に語っていただこうというものです。今回は「サウナ」についてです!サウナにはカラダの自律神経を緊張状態から、リラックスした状態の副交感神経にしてくれる効果があるのですが、近年のサウナブームからサウナに興味を持ち始めた方も多いはず。そんな方々に対して、サウナが大好きな方が集まってサウナの魅力を存分に語っていたきます!


 

 

【後編】


編集部
:はい、じゃあサウナについて語る後編をスタートします!まず、お気に入りの施設について語っていただきたいと思うんですが、ひなんちゅさんからいいですか?

お題④お気に入りのサウナ施設ってある?

ひなんちゅ:なんかお気に入りの施設…ほんとに好きだから…あんまり教えたくないですよね〜ほんとは。そう、ほんとは教えたくないので、じゃあめちゃくちゃ行ってるところもあるんですが
、私が行ってよかったなと思うのは、笹塚の栄湯はすごい良かったなーっていう記憶があります。2.3回行ったんですけど良かったです。

編集部:どこらへんが?

ひなんちゅ:そうですよね。笑 どこらへんがって話ですよね!笑 施設もすごくキレイだったし、水風呂がすごい良かった。ほんとに気に入ったところにしかいかないので、色々いくんですけど他のところは…。

編集部:どんな観点で選んでます?

ひなんちゅ:水風呂に入ってから、ちょっと休める場所があるかどうか。あの、外じゃなくて。

編集部:ととのい椅子、いわゆる?

ひなんちゅ:そうですね。そういう休める椅子があるかどうかとか、そういうのがすごい大事かも。あ!導線!大事です!ちょっと水風呂遠いと嫌だなって思っちゃう。しきじさんとかだとほんとにサウナ出てちょっとかけ湯したらほんとすぐ水風呂入れるじゃないですか。でもなんか水風呂遠いところとかあると、もどかしいなっていう。

編集部:矢部さんどうですか?

矢部:私も、そんな遠出をサウナに行くためにしたことがないので、中目黒の光明泉と、武蔵小山の清水湯のサウナはすごく好きです。どっちもサウナ出てすぐ横に水風呂があって、2階に上がると露天風呂があるんですよ。2階におっきい露天風呂がひとつボーンってあるんですけど、そこが気持ちくバーってできる場所。なんかその中目黒の光明泉さんは日によって男女で露天風呂がある日が違うんですけど、私はあえて調べずに行ってから、女子に露天風呂あるー!ってあった時の幸せを…。

編集部:笹野さんは?

笹野:私は都内だと、結構マニアック、大田区にある桜館が好きです。桜館は多分ビルオーナーがちょっといい意味で好き勝手に作った施設なんですよ。3階から4階にルーフトップ、外出られるのがあったり、それこそユウナさんが言ってた男性と女性と入れ替わるんですけど、日によっては銭湯の上からスチームサウナもあってガラス張りで上から見れるんですよ!

一同:えー!

笹野:で、その出た後に上にサウナがある。作りがほんと変態だなこの人って思う。笑

ひなんちゅ:ちょっと調べたい

笹野:外出るとまた、ユウナさんが好きな天然温泉もあるんです。露天風呂が。外気浴もあってなかなか渋いなあと思ってて。

ひなんちゅ:(スマホで調べてみて)すごい!!

笹野:私、気に入って3回くらい大田区まで行きましたもん。

ひなんちゅ:しかも私この辺に住んでました!

笹野:あ!ホントです?

ひなんちゅ:はい。

笹野:目の前に中華屋さんがあるんですけど、それ同じオーナーさんなんですよ。

ひなんちゅ:わー最高ですね!

笹野:出た後も餃子がそそってくるんですよ!だからすべてオーナーさんの手の中で遊んでるかもしれないです。

ひなんちゅ:わー!すごい!

矢部:めちゃやり手だ!すごい!

編集部:サウナ飯とかも重要ですよね?

ひなんちゅ:そうですね、私笹塚の栄湯は帰り道に商店街があるので、そこでそれこそ餃子食べた記憶があって、そこまでがセットで楽しかったっていうイメージがあります。やっぱり場所も結構大事かもしれないです。

編集部:ちなみに、専門的なところにいっちゃうんですけど、水風呂の…例えば、桜館を調べていたら“バイブラ”って書いてあったんですけど。バイブラって要は、細かい泡がババババッと出てきて、冷たさが常に感じやすくなるというのがバイブラだと思うんですけど、水風呂どっちがいいとかありますか?

ひなんちゅ:冷たくされてる方がよくて、たまに上からこう落ちてくるやつ?滝みたいに。しきじさんも男性の方はそうだと思うんですけど、そこまでちゃんとしたものじゃなくても、ちょびちょびちょびちょびって出てるところあるんですけど、そういうのはすごいアガります。そういうのがあったらいいなって思います。

編集部:矢部さんどうですか?

矢部:私どっちが好みとかないんですけど、ブクブクしてる水風呂に入って感動した覚えはありますね。どこのサウナかは忘れちゃったんですけど「わーやばい!これ!やばい!」みたいな。ブクブクとともに自分のテンションも上がってた。

編集部:笹野さん的には?

笹野:マニアックなところでいうと、最近もう作りたいんですよね。

一同:えー!

笹野:もうもう、レベル的にはマニアックを超えてきて、結構理想とする水風呂があるんですよ私の中で。

ひなんちゅ:気になる。

笹野:マイクロバブルの炭酸水が付いた水風呂。炭酸水なんだけど水風呂。

ひなんちゅ:すごい、カラダ・美容に良さそう。

笹野:無いんですよ、ありそうで。

編集部:僕の話になっちゃうんですけど、スパジャポ? スパジャポってすっごい大きい施設があるんですけど。

ひなんちゅ:東久留米ですか?

編集部:そうです!そうです!

ひなんちゅ:あー!

笹野:詳しいな〜みんな!笑

編集部:の、男性の水風呂が強炭酸ので。16度とかの水風呂で。

笹野:あー!!あるんだ!!(施設情報をみて)そうこれ!

編集部:すっごい、すっごい刺激的でした!

ひなんちゅ:そうなんですか!

笹野:これこれこれこれこれ、ホントこれ。あるんかい!笑

ひなんちゅ:でも女子は無いんですよね?ここ。

編集部:女子多分無いです!

ひなんちゅ:じゃあぜひ作ってください!

笹野:これね、ほんとにねいいと思うんですよ。女子ね。あとシャワーもシャワーヘッドも、今化粧が落とせるバブルシャワーとかあるんですよ。自分の家で2万3万かけてスチーマーとか置いてとか、想像つかないんですよ。であれば、そこに来たらガンガンガンガン機械が使えて色々できるよ!みたいな。

ひなんちゅ:えーほんとすごい、作ってくださったら女子がすごい沢山くる。

笹野:で、今、ちょっと計画していて、後々ちょっと計算したらかかるからこれはクラファンかな〜って。

ひなんちゅ:これリアル、リアル。

笹野:リアルに。えっていうのを作りたくて。一応イメージでは、日本の古民家みたいな感じなんですけど、置いてある物は女性が喜んでもらえて、外気浴もあって、さっき仰ってた天然炭酸の水風呂があって、みたいな。そういうのは考えていて、クラファンをやりたいなー!と思ってちょっとコツコツ年内動いてます!

矢部:すごーい!

ひなんちゅ:素晴らしい!

矢部:良い情報聞いちゃいましたね!

ひなんちゅ:しかも笹野さんがっていうのがすごい説得力ありますよね!

笹野:いやー、協力してください!

ひなんちゅ:もちろん!もちろん!楽しみです!

笹野:しかも、会員制にしたいんですよ。怖いじゃないですかこの時期。やっぱりどこいっても温浴施設はみなさんほんと来なくなっちゃって。いろんな施設がだめになってる中、少しでもポジティブに行きたいって形にしたいし。あと、予約制にしてサウナ室もお友達と一緒に入れる。

編集部:作っちゃうレベルになってるっていう。笑

ひなんちゅ:初めて聞きました!

笹野:作りたい!っていってこの間会ったんですけど、(オリエンタルラジオの)藤森さんと会った時に、各々みんなでMY BEST SAUNAを作ろうってやって。

ひなんちゅ:藤森さんもね、よくしきじに行ってますよね。

お題⑤私の楽しみ方


編集部:これにちょっと通ずるところがあるんですけど、次のお題が「私の楽しみ方」というので、どんな施設が私は好きで、みたいなそういうところもあると思うんですけど、皆さんの楽しみ方とか。

笹野:私はサウナ行ってるときに、さっき言ったカラダをあぐらの状態で入るよって言ったじゃないですか。肩をこうやって(回して)入ってねって言ってたんですけど、もう一個可能であればよく運動の時にプランクってやるじゃないですか。この状態でカラダを斜めにする状態です。それをを座った状態でもできるんですよ。肋骨をグーッと入れ込んだ時に、このお腹の肺?胃のところをなるべく押し込んであげるんです。グーッと。お腹がぽんと胃が出ている状態をなるべく胃と背中をくっつける状態でグーッて、息を細く吐いて、下っ腹にキュッと力を入れた状態でサウナ入ってるんですね。

編集部:筋トレですね!

笹野:そうです!そうすると、マニアックなんですけど、サウナってさっき言ったように熱い熱いって思ってかく汗って皮膚がかくだけなんですよ。カラダって運動した時にかく汗ってもう一個上で内発的に汗をかくんですよ。なので、なるべくサウナの中でも意識して筋肉を動かすとカラダの中の細胞の方が内発的に汗をかくので、相乗効果なのでそれを私はひたすらこうやっていて、そのあとにふあーって、ちょっとお腹マシになったかなって、とか思いながら。笑 そんな楽しみ方をしています。

笹野:なんか引かれてません?笑 大丈夫ですか?笑

ひなんちゅ:いや、すごい参考になります。

笹野:いやいやいや。でも難しいなって思った場合は、あぐらじゃなくて足上げだけでも良いと思いますよ。

矢部:いいですよね。カラダに効いてそうな感じが!

矢部:私は、汗をかくことがすごい自分にとって普段無いというか、都内に出てきて運動することも無くなったので、汗かいてる自分見てないなって思った時に、サウナで汗をかく楽しみを見つけたので。そうね、汗かいてる自分にちょっと浸ってるのかなって。笑 そんな感じて楽しんでると思います。

編集部:ひなんちゅさんは?

ひなんちゅ:ちょっと似てるんですけど、カラダに良いことしてるなっていう意識を高めるために行くっていう。私は家の周りにサウナが何個か歩いて行ける距離にあるので、そこに行く用の自分のサウナセットを作って、良い洗顔と良い化粧水と、で、良いパックとかを、毛穴も開いてデトックスもされた状態なのでその状態に良いものを使うっていうセットを作って、美容と健康のためにっていうので気分を上げて行くようにしています。

笹野:何持って行くんですか?ちなみに。

ひなんちゅ:シャンプー・メイク落とし・洗顔・化粧水・美容液とかもやたらいっぱい持っていって、銭湯とかだと置いておけるじゃないですか。いくらか払うと自分でロッカー借りれてみたいな。そういうのはしたことがないですけど、毎回結構すごい量を持っていって、もうとっておきの美容法だと思って。なんか、エステに行く感覚でもあります。ジムとエステが併設されてるみたいな感覚ですね。

編集部:サウナの入り方とか、あぐらかく派とか、あるじゃないですか。どんな感じで入ったりします?

ひなんちゅ:さっき言ってたみたいに、足だと5℃ぐらい違うんですよね。なので、できるだけ足をもし上げれるならあぐらか体育座りして、タオル掛けてコンパクトになるように心がけたりとかはしています。

矢部:ちなみに、サウナでストレッチってどうなんですか?

笹野:迷惑かからない程度だったら逆に私はいいと思ってます。

ひなんちゅ:誰もいなかったら(カラダを動かしながら)こう…こう…

笹野:そうですね。笑 でも、ある程度幅があると思うんですけど、ただ手首を回すとか、(足裏を伸ばす)こういうのとかはできるじゃないですか。これ、女性男性知ってたらいいことなんですけど、東洋医学的にもカラダを洗うのって、例えば右腕だったら内→下→外→内と、こうやって洗ってあげるとカラダのむくみって違うんですよ。毎日のことじゃないですか、カラダ洗うこととか、サウナ入って水風呂入るのも。なのでせっかくだっから、気の流れがよくなるとか、ツボを押してあげるとか、例えばこの下(肘付近)とかだとツボがあったりして、ここは免疫を上げるツボとか言われているので、サウナの中でツボを押してあげるとか首を回すとか関節部分を伸ばすのは全然いいです。

一同:へえー!

矢部:普段ストレッチとかしないんですけど、サウナ入ってる時なんかしたくなる。

ひなんちゅ:わかるわかる!超わかる!

笹野:多分、普通の状態よりも温まってるので可動域がぐっと広がるんですよ。

ひなんちゅ:あー。確かに動きたくなるかも。

矢部:そういうことか。

笹野:お風呂って温泉っていいんですけど、温泉って温泉疲れがあるのと一緒で心臓に圧迫があったり水圧があるのでそんなにガシガシ動けないじゃないですか。サウナの中だと、温かい中で筋肉がほぐれるという意味では全然私は逆に人に迷惑がかからなければやっても全然いいと思います。

ひなんちゅ:あと、すっごい気になることがあるんですけど。お湯があって水風呂があってサウナがあるじゃないですか。で、お湯に入ってから温まって代謝を上げてからサウナに入るってお話だったんですけど。上がるときは最後どこに入ってから上がりますか?

笹野:そればっかしは、夏は水風呂でてそのまま出ちゃってますね。

ひなんちゅ:水風呂でわーって整って上がる。ほーん。

笹野:ただ、秋ぐらいになると最後お湯で〆て戻るみたいな。

ひなんちゅ:あ〜、じゃあポカポカだな〜って感じで出る。特にじゃあ決まってなくてその時々の。

笹野:あんまり入りすぎて水風呂で外でちゃうと風邪引きやすいので。笑 そもそも健康になるために行ってるのに風邪引いちゃったら意味ないので。笑

ひなんちゅ:あれでもずっと気になってたので、良かったです聞けて。

編集部:主(ヌシ)とかの出会いって?よく女性の方に主(ヌシ)がいると聞くんですけど、それってどうなんですか?

笹野:銭湯多いですよね。結構。

ひなんちゅ:あー、銭湯は。

笹野:銭湯サウナは多いですね。銭湯サウナは、みなさんお風呂文化を交流の場として行くので、固まってるんですよ。お風呂浸かるところもいいご年配の方が私達のテリトリーじゃ!みたいな。笑 それは私からすると、入りづらいな〜みたいな感じですけど。

編集部:そんなに矢部ちゃんとかは気になったりしないですか?

矢部:でも、それこそしきじさんでもプロってる方いるなって思いながら入ってましたね。プロがいる!って。ハッ、プロがいる!ってちょっと思うことはあるかもしれない。かっこいいなあって思いながら見てます。

ひなんちゅ:主(ヌシ)ってことに自分もそのサウナ行ってるってことですよね。手際がいい人は良くいますね。もう慣れてるなっていう。だからといって何か言われたりとか、こうしなさいって言われることは私はないんですけど、すごい慣れてるな〜って。笑

編集部:ちょっと、みなさんで聞きたいこととか、気になってることとかあったら最後なので。

ひなんちゅ:何を飲んでますか?水分補給は。

笹野:私ですか?私は売ってるものでいったらイオンウォーターよく飲んでます。やっぱその、お水だけではこう出来ないものとか補給されるのと、あと最近はビタミンCをサウナ前に飲んで、後にも飲むんですよ。

ひなんちゅ:入る前も飲むんですね!

笹野:汗ってビタミンが流れちゃうので、リポソームっていうやつなんですけど。それにオレンジジュースとかちょっと苦いなと思ったらイオンウォーターをちょっと口に入れてクッて飲むと、サウナ入る前に一本飲んで、出た後に1本飲むと肌がパーン!ってなるので。終わってからはまあサワーとかですけど。笑 それ飲んでから肌もキレイになりますし、二日酔いもしないですし、良いこと尽くめだと思って。

ひなんちゅ:やっぱせっかく汗が出るからカラダに良いものを吸収したいなって思うんですけど。結構何を飲むのが一番ベストなのかっていつも考えちゃって、ちょっと高めの水とかを持ってくんですけど。笑 なんか200円くらいする水とかを買うんですけど。笑 でもこれよりもしかしたらイオンウォーターみたいなあの汗で流れ出る、自分のカラダに必要なものを入れたほうが良いのかなってすごい考え過ぎていつも…困ってました。

笹野:ビタミンCは入れてあげた方がいいですよ。汗で流れちゃうので、毎日取れるもので100ミリから300ミリって言われてても、通常に生活してたら流れちゃうので。ってことはサウナ入って汗になって流れちゃうので、入る前にも飲んで入った後にも飲むとお肌も、お二方は全然感じないと思うんですけど、いいとこいくと毛穴が違うなあとかある程度の年齢行くとわかってくるんですよ。

結構これ面白いことに、二日酔いだったり、とんかつ屋さん行くとキャベツが横に置いてあるじゃないですか。それと同じで胃がもたれるから胃をもられないためにキャベツが置いてあって、お酒を飲みすぎたりすると次の日キャベツが食べたくなるのと同じで。結構人間のカラダって必要なものを食べ合わせでやってるわけですよね。飲み物も同じでどうせだったらその後飲むにしても、ちょっとでもカラダに良いものを入れてあげないと、出し切った細胞がもったいないので。

ひなんちゅ:いま買いました。

一同:笑 はや!

笹野:そのまま飲んじゃうと原液で、しょっぱいので、私はイオンウォーターを口に入れてチュってやります。

ひなんちゅ:わかりました!

矢部:めちゃくちゃ、もうサウナ授業ですね。

笹野:確かに…入ってますね、私、ポーチに入ってますもん。後は普段なにかあった時に落とせるように(洗顔シート)こう入れたりとか、あとは化粧水とかもちっちゃいボトルにいれてますね。

編集部:別企画でバッグの中身企画やってるので、ぜひ笹野さんにも出て頂いて。

笹野:ああ!ぜひ!

編集部:面白いと思います、すごく参考になりますよね。

笹野:何を持ってるのとか気になりますよね。

編集部:ちょっと残念ながらお時間が来てしまいました。もうこれで今回の企画終了とさせていただきたいと思います。告知等あればぜひ言っていただいと思いますが、笹野さん、なにかありますか?

笹野:ありまして…一個は、近々サウナの番組に出させていただきます! それが23日の夜深夜にあるんですけれど、サウナってどう楽しむのとかそういう有吉さんの番組です。バービーさんに私が教えるという。深夜11時59分からやるものがあるんですけど。もう一個は、ずっと半年間以上ずっとかけてて作った、本当に先日ようやく終わったんですけど、「サウナしきじ」という本が9月29日に発売になります。

一同:えー!すごーい!(拍手)

笹野:同時に、それに合わせて「爽快笹野のサウナ道」ていうのも同じ同時日なんです、実は。

編集部:2冊出されるんですか!

笹野:はい、2冊です!笑 一個はなんでしきじが聖地なの?って言われてるのを、いろんな専門の先生たちが見て医学的に、お水の先生とかいろんな先生が見た謎っていうことです。もう一個は、笹野さんどうやって入ってるの?っていう、美容にいいのは何がいいの?とか、私が思ってきたサウナってもっとカジュアルでも良いんじゃない?ってこととか、デートで行くにはここの施設おすすめだよ!とか、全国の施設を紹介してます!

なので、男性陣でちょっと女の子誘いづらいんだよねーっていう場合、いまグランピングサウナとかあるんですよ。

ひなんちゅ:あー!

矢部:グランピング?

笹野:はい。サウナを切り口に旅行行こうよとか。お母さんとか行けるようにとかそういういろんなところの紹介しています。

矢部:楽しみ!

ひなんちゅ:楽しみです!

笹野:私も一応サウナお伝えするんだったら世界のサウナっていうのもしきじの方には入れてるので、何がちがうの?とか、行ってきた国とか結構仕事上あるので、「モンゴルはどんなサウナなの?」とか。

ひなんちゅ:モンゴル!あるんだ〜。

編集部:これはサウナー必見ですね。初心者でも見たら楽しいですか?

笹野:うん、楽しいと思います!あの、サウナしきじが好きな人にも楽しんでもらえるように作ってるのと、サウナしきじを知らない方にでもわかるように実は漫画を入れてるんですね今回。漫画を書いてくださったのが、少年アシベのゴマちゃんってわかります?

一同:へー!ゴマちゃん!アシベ。

笹野:私ゴマちゃんが好きすぎて、ゴマちゃんってツルツルしてるじゃないですか。毛がなくて。水風呂と相性いいんじゃないかなってずっと思ってて。

ひなんちゅ:着眼点がすごい。笑

笹野:なんかこう、キュルキュルしててかわいいなあと思ってて、森下先生に連絡したらもう全然ぜひって話になって来てくださってしきじに。

しきじランキングとか、あといろんな方署名人との対談とか。しきじでも発売するんですけど、しきじの場合はしきじ限定でちょっと考えてます。あのーせっかく来てくださった、さっき仰ってたようにしきじ行ったらなんかこうあれば、ありがたいことに普段販売しないものもじゃあこの機会にやってみようということで。

編集部:ありがとうございます!すごく楽しみにしてます!じゃあひなんちゅさんなにかあります?

ひなんちゅ:はい!私はあのー、サウナじゃないんですけど、バンドなので、9月2日にですねバンド結成10周年記念アルバム「mix10th」をリリースしました!そしてですね、10月4日に3回目の配信ライブを開催します!「mix10th」リリースパーティー 〜10/4 ジューシーナイトを召し上がれ〜というライブがありますので、こちらアフター配信も予定しておりますので、ぜひライブを皆さん生配信で見てもらいたいと思います!

そして!今日の夜はサウナに行きたいと思います!以上です!

編集部:ありがとうございます!ライブもね、最近出来てないんでね。

ひなんちゅ:そうですね、ライブツアーがあったんですけど、延期になっちゃったので今回は3回目の生配信ライブで、前回前々回とは違った内容にしたいと思ってかなり気合入れてますのでライブ見てください!お願いします!

編集部:矢部ちゃんはなにかありますか?

矢部:矢部はイベントもあるんですけど、伝えたいのはYouTubeをやってまして。結構洋服のことをやってるんですけど、それこそ前回静岡に帰った時にサウナしきじさん行った時に、行くレポート動画とかも撮っているので、見て興味持たれた方はぜひYouTubeの方も見ていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします!

編集部:はーい、ありがとうございます!じゃあ皆さん、今回いかがでしたか?サウナ会。

笹野:楽しかったですー。

矢部:勉強になった!めちゃくちゃ勉強になりました。

ひなんちゅ:勉強になりました。

笹野:私は逆に聞きたかったのにすみません色々語っちゃって、申し訳ない。

編集部:またぜひ、みなさんご都合がよろしければ第二回もやれたらなと思ってますので。

笹野:こだわりのものを聞いてみたいです。お水とか、そんなに考えたことなかったな逆にってなったんで。

ひなんちゅ:私は「のむシリカ」っていう水を持って行ってます。

笹野:意識が高い…!

編集部:なんだその水は…

ひなんちゅ:カラダに良いらしいです。笑

編集部:そんなこともね、ちょっとまたぜひ二回目があれば皆さんにもお声がけをさせていただきたいと思いますので、ただ今回はこれにて終了となります。ありがとうございました!それではまたー!

一同:ありがとうございましたー!サウナ行ってきまーす!

 

 

ASBS

ライフスタイル・ファッション・ビューティーなどの情報を中心に、東京の今を読者に届けていきます。また、「自然体のオシャレでいられる」「オシャレの居場所を見つけられる」という価値を世の中の女性にもたらしていくことで、人々の生活を豊かにしていくメディアです。