Reebokのポンプシリーズ、幻のモデル「PUMP COURT」がついに登場

FASHION

「Reebok(リーボック)」の「INSTAPUMP FURY(インスタポンプ フューリー)」オリジナルデザイナーのスティーブン・スミス氏によって、1992年にテニスシューズとして開発されるも、当時未発売となっていた幻のプロトタイプモデル「PUMP COURT(ポンプ コート)」が4月11日(土)に発売。

INSTAPUMP FURYがランニング向けにデザインされたのに対し、PUMP COURTはその名の通りテニス用に設計されたが、当時は一般発売されなかったため、幻のモデルとなっていた。2019年の春に「INSTAPUMP FURY」発売25周年記念の一環として開催されたイベント「Reebok 90s House(リーボック ナインティーズ ハウス)」にて、初めて日本で展示され、「INSTAPUMP FURY」のファンの間で話題となった一足!

今回発売する「PUMP COURT」は、当時開発されたプロトタイプの基本的なシルエットをそのまま採用し、最新のフルレングスソールを搭載したアップデートモデル。リーボック独自のフィッティングテクノロジーによって空気が入るポンプブラッダー部分と、プロトタイプの特徴となるストラップを一体化させたアッパーが特徴的。

爽やかでありながらポップなカラーリングが、これからの季節のスタイリングを彩る。今回のプロトタイプカラーを皮切りに、今後、様々なデザインが登場予定。

INFORMATION

PUMP COURT
発売日:2020年4月11日(土)
サイズ:23.5cm~29.5cm(ユニセックス)
価格:22,000円(税込)
販売店舗:リーボック オンラインショップ、リーボックストア 渋谷、リーボック クラシックストア 原宿、ZOZOTOWNなど

リーボック オンラインショップ
https://reebok.jp/

ASBS

ライフスタイル・ファッション・ビューティーなどの情報を中心に、東京の今を読者に届けていきます。また、「自然体のオシャレでいられる」「オシャレの居場所を見つけられる」という価値を世の中の女性にもたらしていくことで、人々の生活を豊かにしていくメディアです。