宮沢賢治、中原中也、竹久夢二が描いた天の川 プラネタリウム作品「東京の天の川を忘れない」開催

CULTURE / ART

有楽町マリオンにある「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」で、1月31日(金)よりプラネタリウム作品「東京の天の川を忘れない」の上映を開始。本作は宮沢賢治、中原中也、竹久夢二といった文化人が残した作品を通し、かつて東京都心でも天の川を見ることができた時代をノスタルジックに表現するプラネタリウム作品。

明治モダン、大正ロマンを生きた文化人、宮沢賢治、中原中也、竹久夢二。彼らが生きた時代は、まだ東京都心でも天の川を肉眼で見る事ができた。彼らはその天の川や満天の星々を、小説や詩、絵画といった様々な作品として表現し、それらは今なお多くの人々に愛されている。感受性豊かな文化人たちが見た天の川の物語を辿り、都会では約半世紀以上前に見ることができなくなった星々に想いを馳せるノスタルジックなプラネタリウム作品。 街の明かりが消えたとき、ドームにはかつての天の川が燦然と輝く。

ナレーションは芸人でありながら芥川賞を受賞し、お笑いファンのみならず文化的感度の高い層からも多くの支持を集める作家の又吉直樹が担当。挿入歌には「丸ノ内サディスティック(EXPO Ver.)/椎名林檎」を使用。

多くの文豪やアーティストたちが見上げ、描いた東京の星空を感じて。

INFORMATION

東京の天の川を忘れない
期間:2020年1月31日(金)〜 ※上映終了時期未定
時間:約40分
場所:コニカミノルタプラネタリア TOKYO DOME2(プラネタリウムドーム)

コニカミノルタプラネタリア TOKYO 特設サイト
https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/program/planetarium2/winter_19/

ASBS

ライフスタイル・ファッション・ビューティーなどの情報を中心に、東京の今を読者に届けていきます。また、「自然体のオシャレでいられる」「オシャレの居場所を見つけられる」という価値を世の中の女性にもたらしていくことで、人々の生活を豊かにしていくメディアです。