過酷な冒険を予感させるポスタービジュアル&特別映像が解禁。『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』

CULTURE / ART

2015年、アカデミー賞をはじめとした賞レースを席巻した『博士と彼女のセオリー』。その黄金コンビ、フェリシティ・ジョーンズとエディ・レッドメインが再びタッグを組み、次は空の大冒険へと旅立つ『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』が2020年1月17日(金)に公開される。

1862年ロンドン。天気を予測することが出来ると唱えて荒唐無稽とバカにされ、実験の資金も集められずにいた気象学者のジェームズは、気球操縦士のアメリアに頼み込み、彼女の気球飛行に同乗することを許される。それはアメリアにとっても、夫を亡くした悲しみから立ち直るための決意の飛行だった。美しくも神秘的な雲に魅せられ、突然現れた蝶の群れに驚嘆する二人。だが、前人未到の高度7000メートルを超えた後、想像を絶する自然の脅威が待ち受けていたー。

 

今回解禁となったポスタービジュアルは、「厳しさも美しさも、想像を超える宇宙(そら)へ―。」というコピーとともに、はるか雲の上空を飛行するジェームズ(エディ)とアメリア(フェリシティ)の前に広がる、雄大な世界を美しく切り取ったもの。誰も見たことのない世界への希望が満ちたアメリアとジェームズの表情が印象的な、アドベンチャー感あふれる美麗な仕上がりのビジュアルとなっている。

 

また、高度1,700メートルで二人を襲う嵐のシーンの特別映像も解禁。解禁された映像では、気球乗りとしての勘に従って行動する【自由な気球乗り】アメリアと、データだけを信じる【堅物な気象学者】ジェームズの、対照的な性格が浮き彫りに・・・!果たして、正反対の二人は、これから空の遥かな高みで待ち受ける想像を超える困難に、協力して立ち向かうことが出来るのか。

 

実話に基づいて制作された、深い絆と壮大な旅路の物語公開まであとわずか。本作への期待がますます高まる特別映像を、ぜひチェックしてみてほしい。

INFORMATION

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり

公開:2020年1月17日(金)

監督:トム・ハーパー 脚本:ジャック・ソーン『ワンダー 君は太陽』
音楽:スティーヴン・プライス『ゼロ・グラビティ』
出演:フェリシティ・ジョーンズ『ビリーブ 未来への大逆転』、エディ・レッドメイン『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、ヒメーシュ・パテル『イエスタディ』、トム・コートネイ『さざなみ』
配給:ギャガ  © 2019 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.
公式サイト:gaga.ne.jp/intothesky/

ASBS

ライフスタイル・ファッション・ビューティーなどの情報を中心に、東京の今を読者に届けていきます。また、「自然体のオシャレでいられる」「オシャレの居場所を見つけられる」という価値を世の中の女性にもたらしていくことで、人々の生活を豊かにしていくメディアです。