90年代の原宿カルチャーを代表する、X-girlとHYSTERIC GLAMOURがコラボレーション

FASHION

25周年アニバーサリーイヤーのプロジェクトとして1年を通して様々なブランドやアーティストとコラボレーションを行ってきた「X-girl(エックスガール)」が、周年最後のプロジェクトとして「HYSTERIC GLAMOUR(ヒステリックグラマー)」とのコラボレーションコレクションを12月6日(金)より発売。

HYSTERIC GLAMOURの代表的なアートワーク「VIXEN GIRL(ビクセン ガール)」や、「YANKEE GIRL、(ヤンキー ガール)」、「POP BERRY(ポップ ベリー)」、とX-girlのFACEアイコンやロゴを組み合わせたスペシャルなグラフィックをプリントしたパブミラー、ショートスリーブTEE、ニットトップス、レザートートバッグ、タイトシルエットのロングスリーブTEE、ウェストがシェイプされたマキシ丈のTEEドレス、スウェットフーディ―、両ブランドアイコンの総柄プリントジャケットとセットアップで着用可能なパンツとミニスカートを展開。

さらにHYSTERIC GLAMOURの代名詞とも言えるアイテムの数々にも、両ブランドのアイコンとロゴのプリントやワッペンをオンしてリリース。背面の大きなVIXEN GIRLをはじめとする、両袖や胸元にも付いたそれぞれのブランドアイコンワッペンが印象的なバーシティジャケット、袖のワッペンと袖口とフードに付いたボリュームファーがポイントのN3-Bジャケット、X-girlのロゴがプリントされたインディゴとライトオンスのヘリンボーンのデニムを、パッチワークのように継ぎ合わせたディテールが特徴のスクラッチフレアパンツをラインナップ。

また今回のコラボレーションのイメージルックには、X-girlの創立者であり、HYSTERIC GLAMOURともゆかりのあるソニック・ユースの元メンバー、キム・ゴードンの娘であるココ・ゴードン・ムーアを起用。X-girlと同じ25歳の彼女を通して、ブランドが培ってきたヒストリーとともに、generation“X”から次世代であるgeneration” Z“へ向けて新しいカルチャーを発信する。

HYSTERIC GLAMOURは今年でブランド設立35年、X-girlは25年と、90年代の原宿カルチャーを代表する両ブランドのアニバーサリーイヤーを飾る、エクスクルーシブなコレクションをお見逃しなく。

INFORMATION

X-girl × HYSTERIC GLAMOUR
発売日:2019年12月6日(金)

X-girl オフィシャルサイト
https://calif.cc/s/191129XGI_HYS/

ASBS

ライフスタイル・ファッション・ビューティーなどの情報を中心に、東京の今を読者に届けていきます。また、「自然体のオシャレでいられる」「オシャレの居場所を見つけられる」という価値を世の中の女性にもたらしていくことで、人々の生活を豊かにしていくメディアです。