スヌーピーファンの聖地がパワーアップ! スヌーピーミュージアムが南町田に移転リニューアル

CULTURE / ART

六本木から南町田グランベリーパークに移転し、約2倍の広さになって生まれかわる「スヌーピーミュージアム」がいよいよ12月14日(土)に開館!

スヌーピーミュージアムは、アメリカ・カリフォルニア州にあるシュルツ美術館の世界で唯一の公式サテライト(分館)として、同館が所蔵する原作コミック「ピーナッツ」の貴重な原画を展示するほか、作者チャールズ・シュルツ氏に関するコーナーをはじめ、スヌーピーやチャーリー・ブラウンなどのピーナッツ・ギャングたちをダイナミックな展示で紹介。

スリーピング・スヌーピー

常設展の「スヌーピーとピーナッツ・ギャング」は、本家のシュルツ美術館と同じく、いつでもスヌーピーに会える充実した常設展示を新設。大きな4面スクリーンで展開されるオープニングシアターに続いて、作者チャールズ・シュルツ氏の生涯や作画のテクニックなどを紹介。また、チャーリー・ブラウンをはじめとするピーナッツ・ギャングたちのコーナーやヴィンテージグッズを組み合わせた展示を展開。さらには全長約8メートルの巨大な「スリーピング・スヌーピー」が出迎える圧巻のスヌーピー・ルームなどボリュームたっぷりの展示が続く。

12月14日(土)~2020年6月28日(日)は、企画展「ビーグル・スカウトがやってきた!」が開催。シュルツ美術館から借用した貴重な原画で構成される企画展は、半年ごとに展示替えを行う。第一弾は隊長役のスヌーピーがウッドストックたちを従え、野山を駆け巡るビーグル・スカウト。

世界でここにしかないグッズが溢れる「ブラウンズストア」は、チャーリー・ブラウンの世界をイメージした店内に人気ブランドとのコラボレーション商品をはじめ、豊富な種類のオリジナル商品が勢揃い。自分へのご褒美や大切な人への贈り物を見つけて。

ミュージアムに隣接するアネックス(パークライフ棟)には、大人気の「PEANUTS Cafe(ピーナッツカフェ)」が、11月13日(水)に先行オープン。豊富なメニューに加えて、ピーナッツ・ギャングたちの“ポットラックピクニック”(持ち寄りピクニック)をイメージしたバスケットプレートなど、緑豊かな環境にぴったりのメニューを用意。

パワーアップしたスヌーピーミュージアムのオープンをお楽しみに!

© Peanuts Worldwide LLC

INFORMATION

スヌーピーミュージアム
開館日:2019年12月14日(土)
休館日:会期中無休(12月31日は短縮営業、1月1日、2月18日は休館)
時間:10:00- 20:00(入場は19:30まで)
所在地:東京都町田市鶴間3-1-1
入館料:
一般・大学生 前売券1,800円、当日券2,000円(税込)
中学・高校生 前売券800円、当日券1,000円(税込)
4歳~小学生 前売券400円、当日券600円(税込)

スヌーピーミュージアム公式サイト
https://www.snoopymuseum.tokyo/

PEANUTS Cafe
オープン:2019年11月13日(水)
営業時間:10:00- 22:00(L.O.21:00)

PEANUTS Cafe 公式サイト
http://www.peanutscafe.jp/snoopymuseum-tokyo/

ASBS

ライフスタイル・ファッション・ビューティーなどの情報を中心に、東京の今を読者に届けていきます。また、「自然体のオシャレでいられる」「オシャレの居場所を見つけられる」という価値を世の中の女性にもたらしていくことで、人々の生活を豊かにしていくメディアです。