ー“想われながら想う男”のいびつな恋の形ー 『愛がなんだ』成田凌インタビュー

CULTURE / ART

明日、4月19日(金)公開の映画『愛がなんだ』。形を留めない恋のもどかしさや微妙な距離感、そんな一筋縄ではいかない恋愛模様を赤裸々に描いた、今泉力哉監督の最新作だ。主人公テルコの世界は、マモちゃん一色。どこにだって飛んでいく、なんだってやってあげる。ダメなところも全部好き。そんな風に熱烈に想われながら、彼もまた別の誰かを想っていたー。答えの出ない恋愛の狭間に見せる、等身大の男の姿とは? 成田凌に話を聞いた。


—今泉力哉監督とはかねてから、親交があったようですね。

出会った当初から「今泉監督の作品にいつか出たい 」と話していたんです。昔ワークショップに行ったことがあって、そこから飲みに行ったりもしていて。だから最初は、「ご一緒にできるんだ」という気持ちでした。

—実際、今回の役どころはいかがでしたか? 成田さん演じるマモちゃんことマモルは、主人公テルちゃんに愛し尽くされながら、恋人には至らないという役どころですが。

多分1年くらい前ですかね、最初に本を読んだのは。その時、するすると読めたんです。多分マモルの立場に入り込んで、主観的に読みすぎてたのだと思います。でも、客観的に読むことを意識したら、彼の様子がおかしいってことに気づいてすごい面白かったんですよね。

—確かに。「“好き”と言えないすべての人へ」と謳われているように、この映画は一筋縄ではいかない歪な恋の形のアンソロジーですよね。マモちゃんの言動は賛否両論ありそうです。

マモルはいい人間ではないんですよね。だけど、役柄としてはそのあたりをどのくらい楽しめるのかっていうところでもあって。理性をとったら人はこうなるのかな、とか、どこまで意識的に人は物を発しているのか、どのくらい無意識のゾーンがあるのか、とか。そのあたりが興味深かったです。

—ダメさの加減ですね。

そうなんです。どのくらいの帳尻で、“いやなやつだけど、なんだか憎めない”はつくれるのかなって。だから、裏をかえせば、悪いところやだめなとこを見つけるのが面白くもありました。

—特にどんなところが“ダメなやつ”だと感じましたか?

単純に欠落してるんです。なにに特化しているわけでもなく。相手がむかつくことをむかつくタイミングでむかつく言い方で言ったりするやつなんです。しかも、無意識レベルで。その行動全てに「こいつはモテないだろうなあ」って思いながらやってました(笑)。

—いくつか心当たりのシーンが蘇りますね。

特に好いてくれているテルちゃんに対しては顕著。車道側を歩かせたり、タクシーに先に乗ったり、自分の話ばっかりしたり。行動全てが自分のためのもの。細かく説明できますよ、マモルのモテないポイントは(笑)。

—それでいうと、そんなマモちゃんに狂信的なテルちゃんの思想も興味深いです。

そうですね。人に対しての態度や対応はマモルが悪いけど、トータルで考えたら、よっぽどテルちゃんの思想の方がインパクトあるんじゃないですかね(笑)。「マモちゃんになりたい」とか、異常さでいったら上をいっていますよね。でも、そういう恋愛もあると思います。

—マモちゃん一色になるテルちゃんには、同時にたくましさすら感じました。

マモルはテルちゃんに対しては、愛されていることへの甘えがある。相手が自分を好きってわかっているからこその扱いなんです。人間、相手にする人によって対応の仕方って違うと思うんですよね。それは自然なことで。

—なるほど。

テルちゃんにはすごく片手間な対応なのに、憧れのすみれさんに対しては、相手にされてなくても、愛想笑いして苦笑いして…。そんな姿を見てテルちゃんはまた心苦しくなって…。

—そういう点では矢印は違えど、2人は似た想いを抱いていますよね。あらゆる一方通行の恋愛関係が描かれる中で、唯一マモちゃんが“想われながら、想う人”という立場だったのも印象的でした。

テルちゃんを完全におろそかにしているかって言ったら、そういうわけでもない。愛じゃないけど、情はあるんだろうなっていうか。そのあたりを細かく間違えないようにやっていましたね。1回でも選択を間違えると、ただの悪い人になってしまうので。だからといって好かれようとはしない。いい人間にならず、嫌われものにもならず、丁寧に。

—2人が初めて胸の内を話し合うシーン、印象的でした。マモちゃんなりの考えがあったのかなと思ったりして。

いいシーンでした。二人は「もうやめよう」って思いながら、結局どっちからか連絡してしまうんだと思います。意外と、「テルちゃんとだったらいいのかなあ」みたいな揺れる瞬間もあったりして。だからテルちゃんもマモルを嫌いになれないし、どんどん深くなっちゃう。

—実際、テルちゃんみたいな子に好かれたらどうしますか?

はっきりきつくは言えないかもしれません(笑)。でも、会わないようにするかな。どうにかして離れようとする。たくさん想ってくれて、家事とかもやってくれてすごく献身的だから、それに甘えてしまうマモルの気持ちも分かる気がします。

—観る人が感情移入する視点によって見解も分かれそうですよね。

登場人物みんながいかに鈍感で考えが至っていないかっていうところが見ていて辛いんですけど、同時にすごく人間らしい。恋愛だけでなくて、家族や友人間も。他の人の文句は言いながらも、いかに自分が見えてないかっていう、鈍感さをあぶり出されてるような感覚です。

—最後に、成田さんの思うこの映画のみどころは?

観た人にしか分からないんですけど、個人的イチオシのキーワードは、アドリブの「追いケチャップ」。今回はわりとアドリブが多くて、なかなかカットがかからなかった時はみんな色々言ってます。そこも含めて、フラットに楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

ANOTHER VOICE —シャッターを切りながら

映画から少し離れているようで、決して遠からず。スクリーンのあちらとこちらをつなぐ、心に止めたい言葉たち。インタビューの隙間にこぼれた、生き方や生き様のこと。

「変わっていくということを、変わらずにやっていく。自分が飽きてしまわないように、そして、飽きられない自分でいられるように。年齢を含めて、変わっていくことにはいつも貪欲でいたい」

profile

成田凌(なりたりょう)/1993年11月22日生まれ。雑誌「MEN’S NON-NO」の専属モデルとして活躍。その後数々の人気のドラマや話題映画に続々出演。2019年には日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。最近の出演作は、映画『チワワちゃん』『翔んで埼玉』など。

 

写真:MURA
取材・文/杉田美粋
スタイリスト:伊藤省吾 (sitor)
へアイメイク:宮本愛(yosine.)

INFOMATION

『愛がなんだ』

4月19日(金)、テアトル新宿ほか全国ロードショー

©2019映画『愛がなんだ』製作委員会

<あらすじ>

28歳OLのテルコは、友人の結婚式で出会ったマモルに一目ぼれした日から、マモル中心の生活を送っている。仕事中、真夜中と、どんな状況でもマモルに呼ばれたら飛んでいき、仕事を失いかけても、友だちから冷ややかな目で見られても、とにかくマモルが最優先。しかし、そんなテルコの熱い思いとは裏腹に、マモルはテルコにまったく恋愛感情がなく、都合のいい時にしか呼ばれない。一喜一憂の日々を送っていたある日、マモルからの連絡が突然途絶えてしまう。

 

原作:角田光代「愛がなんだ」(角川文庫刊)

監督:今泉力哉

脚本:澤井香織、今泉力哉

出演:岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、片岡礼子、筒井真理子/江口のりこ

配給:エレファントハウス

公式サイト:http://aigananda.com

予告動画:https://www.youtube.com/watch?v=oXc_JlCqQE4

ASBS

ライフスタイル・ファッション・ビューティーなどの情報を中心に、東京の今を読者に届けていきます。また、「自然体のオシャレでいられる」「オシャレの居場所を見つけられる」という価値を世の中の女性にもたらしていくことで、人々の生活を豊かにしていくメディアです。