AKOMEYA TOKYO in la kagūが神楽坂にオープン、限定商品も発売

LIFESTYLE

“一杯の炊きたてのごはんから、つながり広がる幸せ”をテーマにお米や食品、”上質な佇まいを感じる暮らし”を提案する器や調理器具、ビューティケアなどの雑貨を展開するAKOMEYA TOKYOの旗艦店「AKOMEYA TOKYO in la kagū」が3月30日(土)に東京・神楽坂にオープンした。

AKOMEYA厨房(1F)

AKOMEYA TOKYO in la kagūでは旗艦店ならではの食を体験する飲食スペースも充実。銀座本店のみで展開していた「AKOMEYA厨房」では炊きたてのごはんをはじめ、店内で販売される食品や調味料、器などの商品を使用し普段の食卓にも活かすことができる料理を体験することができる。

AKOMEYA茶屋(1F)

また、KOMEYA TOKYO初のカフェ業態「AKOMEYA茶屋」が登場し、抹茶や柚子などを使用した甘味や軽食、お酒を展開し、スパイス料理専門店SPICE CAFÉが監修したカレーをテイクアウトすることもできる。

Shiratama Salon 新三郎(1F)

さらに、380年以上続く熊本の老舗「白玉屋新三郎」が「Shiratama Salon 新三郎」をショップインショップとして出店。これまで九州でしか食べることが出来なかった国産水稲もち米100%を使った出来たての白玉を楽しむことができる。

 

豆樽(300ml)  2,500円 / かや生地ふきん 500円 / アコメヤの出汁焼あご 480円

オープンを記念し、AKOMEYA TOKYOin la kagū限定パッケージ商品も展開。

 

この機会に改めて日本の食文化に触れてみては。

INFOMATION

AKOMEYA TOKYO in la kagū

 

場所:162-0805 東京都新宿区矢来町67

営業時間:11:00 〜 20:30

厨房:お昼の時間 11:00 〜 14:00 夜の時間 17:30 〜 22:00

茶屋:8:00 〜 22:00

Shiratama Salon 新三郎:11:00 〜 20:30

 

オフィシャルサイト

https://www.akomeya.jp

ASBS

ライフスタイル・ファッション・ビューティーなどの情報を中心に、東京の今を読者に届けていきます。また、「自然体のオシャレでいられる」「オシャレの居場所を見つけられる」という価値を世の中の女性にもたらしていくことで、人々の生活を豊かにしていくメディアです。