teamLab Borderlessで「呼応するランプの森 – ワンストローク、桜」など春限定の作品が登場

CULTURE / ART

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」では、3月上旬から5月下旬の期間は、季節とともに変化した春の作品を体験できる。

「Borderless World」内の「花の精霊」には、沈丁花(ジンチョウゲ)や蓮華草(レンゲソウ)、「積層された空間に咲く花々」には梅や牡丹等の春の花が咲き誇り、「地形の記憶」にも春の景色が広がる。

また、「呼応するランプの森」には、桜色一色でランプが輝く「呼応するランプの森- ワンストローク、桜」のほか、5色の春の野山の色で輝く「呼応するランプの森- ワンストローク、春の野山」も登場。期間中でも、時期によって見られる花の種類・作品は異なる。

teamLab Borderlessに何度も訪れて、そのときしかない瞬間を切り取って。

INFOMATION

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless
住所:東京都江東区青海 1-3-8 お台場パレットタウン
料金:大人(高校生以上)3,200円、子供(4歳~中学生)1,000円
営業時間:月~金 10:00 – 19:00、土・日・祝 10:00 – 21:00 ※最終入館は閉館の1時間前
定休日:第2・第4火曜日

春限定作品・期間:
呼応するランプの森 – ワンストローク 3月上旬~4月下旬
花の精霊 3月上旬~4月下旬
積層された空間に咲く花々 2月9日(土)~5月下旬
地形の記憶 3月上旬~5月下旬

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless 公式サイト
http://borderless.teamlab.art/jp

ASBS

ライフスタイル・ファッション・ビューティーなどの情報を中心に、東京の今を読者に届けていきます。また、「自然体のオシャレでいられる」「オシャレの居場所を見つけられる」という価値を世の中の女性にもたらしていくことで、人々の生活を豊かにしていくメディアです。