ドイツ映画の今がわかる! ドイツ映画祭「HORIZONTE 2019」がユーロスペースで開催

CULTURE / ART

3月8日(金)から3月15日(金)の8日間、東京渋谷のユーロスペースにて、ドイツ映画祭「HORIZONTE 2019」を開催。

 
『ロミー・シュナイダー〜その光と影〜』©Peter Hartwig, Rohfilm Factory

日本未公開の作品をメインに、現代ドイツ映画の注目作品を紹介する映画祭。上映ラインナップは、8本の劇映画と2本のドキュメンタリー映画、計10本。オープニングを飾るのは、ドイツ映画賞7部門受賞の話題作、大女優ロミー・シュナイダーのフランス時代の出来事を基にした劇映画『ロミー・シュナイダー〜その光と影〜』。その他、現代美術家で映像作家のユリアン・ローゼフェルトが監督し、ケイト・ブランシェットが13役を演じる『マニフェスト』、鬼才R.W.ファスビンダー監督の作品を原案とした『キャスティング』、本年度アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた『父から息子へ〜戦火の国より〜』など、ドイツで話題となっている最新作を一挙上映! また、4月公開予定の『希望の灯り』、5月公開予定の『僕たちは希望という名の列車に乗った』などを一足先に特別上映。

 

 『希望の灯り』©Sommerhaus Filmproduktion

ドイツ映画賞7部門受賞作『ロミー・シュナイダー〜その光と影〜』の監督エミリ・アテフ、『希望の灯り』『未来を乗り換えた男』の2作品で主演を務め、ベルリン国際映画祭シューティング・スター賞、ドイツ映画賞主演男優賞に輝いた今ドイツで一番の注目俳優フランツ・ロゴフスキ、日本プレミア上映となる2作品の監督、ラース・クラウメ(『僕たちは希望という名の列車に乗った』)、トーマス・ステューバー(『希望の灯り』)の来日が決定。

 

『僕たちは希望という名の列車に乗った』©Studiocanal GmbH Julia Terjung

 

最新ドイツ映画から寄りすぐりの作品を上映する「HORIZONTE 2019」で、ドイツ映画の今を知ろう。

INFOMATION

ドイツ映画祭「HORIZONTE 2019

日時:38日(金)〜315日(金)

場所:ユーロスペース(東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS

上映作品:『ロミー・シュナイダー〜その光と影〜』『マニフェスト』『キャスティング』『プチ・ブルの犬』『明日吹く風』『ソーシャルメディアの“掃除屋”たち』『父から息子へ〜戦火の国より〜』『希望の灯り』『僕たちは希望という名の列車に乗った』『未来を乗り換えた男』

 

HORIZONTE 2019 公式サイト

https://www.goethe.de/ins/jp/ja/kul/sup/hor.html

ASBS

ライフスタイル・ファッション・ビューティーなどの情報を中心に、東京の今を読者に届けていきます。また、「自然体のオシャレでいられる」「オシャレの居場所を見つけられる」という価値を世の中の女性にもたらしていくことで、人々の生活を豊かにしていくメディアです。