シャネル・ネクサス・ホールにて「INSULA LUX 光の島」 アントニ タウレ展覧会が開催

AREA / SPOT

シャネル・ネクサス・ホールで、1月16日(水)から2月14日(木)までスペイン出身の画家アントニ タウレの展覧会を開催。数々のアーティストから愛され、世界各地の劇場で舞台装飾も手がけてきた比類なき画家の日本初の個展となる。

Quatre collonnes, 2017 © Antoni Taulé

バルセロナで建築家資格を取得した後、絵画、写真、舞台装飾の制作にとりかかかり、世界中の美術館やギャラリーで数々の個展、グループ展を開催してきたタウレが、今回取り組むのは「光の島」というテーマ。

Mnémosyne, 2012 © Antoni Taulé

どの作品も、開口部から差し込む外の光と冷たい室内空間の暗さが幻想的なコントラストを生み出している。「光の島」はタウレが1970年代から拠点の一つとしているスペインのフォルメンテーラ島を描いたもの。地中海西部、イビサ島のすぐそばに位置するこの島は、豊かな自然と絶景によって多くの人々を魅了する楽園であり、タウレのインスピレーションの源であり続けている「光の島」はタウレが愛する現実の島であると同時に、もう一つの現実ともいうべき夢や幻想の空間。

「光の島」を訪れる鑑賞者は、その独特の光と闇のコントラストが幻想的なオーラに包まれ不思議な感覚を覚えることになるだろう。

INFOMATION

INSULA LUX 光の島

会期:2019年1月16日(水)~2月14日(木)会期中無休

入場料:無料
時間:12:00~19:30
会場:シャネル・ネクサス・ホール(中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F)

シャネル・ネクサス・ホール公式サイト
https://chanelnexushall.jp/program/2019/antonitaule/

ASBS

ライフスタイル・ファッション・ビューティーなどの情報を中心に、東京の今を読者に届けていきます。また、「自然体のオシャレでいられる」「オシャレの居場所を見つけられる」という価値を世の中の女性にもたらしていくことで、人々の生活を豊かにしていくメディアです。