apple-touch-icon.png 音楽ロードムービー『さよならくちびる』の主題歌を秦基博、挿入歌をあいみょんが楽曲プロデュース 小松菜奈&門脇麦が爽やかに歌う | ASBS

音楽ロードムービー『さよならくちびる』の主題歌を秦基博、挿入歌をあいみょんが楽曲プロデュース 小松菜奈&門脇麦が爽やかに歌う

CULTURE / ART

小松菜奈・門脇麦のダブル主演、更に成田凌出演という映画界最旬キャストで贈る青春音楽映画『さよならくちびる』が2019年5月に公開! 劇中、小松菜奈演じるレオ、門脇麦演じるハルで構成する、人気ギター・デュオ「ハルレオ」が歌う楽曲のプロデュースを秦基博とあいみょんが担当することが決定。

『さよならくちびる』は、音楽にまっすぐな思いで活動するインディーズで人気の女性ギター・デュオ「ハルレオ」のレオ(小松菜奈)とハル(門脇麦)が、付き人シマ(成田凌)が参加していくことで徐々に関係をこじらせていく。全国ツアーの道中、少しずつ明らかになるハル・レオの秘密と、隠していた感情。すれ違う思いをぶつけ合って生まれた曲「さよならくちびる」が、3人の世界をつき動かしていく。

映画タイトルでもある主題歌『さよならくちびる』をプロデュースしたのは、シンガーソングライターとして数々の名曲を世に送り出し続ける秦基博。曲はもちろん、歌詞の全てまで手がけている。挿入歌『誰にだって訳がある』、『たちまち嵐』を作詞、作曲、プロデュースしたのは、最旬女性シンガーソングライターのあいみょん。本映画は塩田明彦監督のオリジナル作品。二人とも映画の脚本を事前に読み、そこからそれぞれのイマジネーションを基に本作のために書き下ろした。劇中では小松菜奈と門脇麦が演奏・歌唱する。

 

映画の中で、これらの曲を小松菜奈と門脇麦の2人がどのように表現し歌っているのか、また秦基博とあいみょんのそれぞれが手がけた楽曲と歌詞にも注目!

INFOMATION

『さよならくちびる』

監督・脚本・原案:塩田明彦

キャスト:小松菜奈、門脇麦、成田凌 ほか

2019年5月全国ロードショー

 

 

ASBS

ライフスタイル・ファッション・ビューティーなどの情報を中心に、東京の今を読者に届けていきます。また、「自然体のオシャレでいられる」「オシャレの居場所を見つけられる」という価値を世の中の女性にもたらしていくことで、人々の生活を豊かにしていくメディアです。