「人目を気にせず、自分がしたいファッションにチャレンジすることが大事」、ストリートのカリスマDARAから学ぶ“私らしさ”とは

FASHION

2018年11月14日(水)表参道にて、今年10月にリローンチした「BAPY BY A BATHING APE®︎」のオープンニングレセプションパーティーが行われました。今回は世界中の女子からの憧れDARAさん(元2NE1)も来場され、ASBSではインタビューを敢行!ファッションについてや気になるスポットは…?。

世界でも人気の高いファッションブランド「A BATHING APE®︎」のウィメンズラインとして2001年に「BAPY®︎」としてローンチ後、リブランディングを重ね、今年2018年10月にブランド名を変更しリローンチした「BAPY BY A BATHING APE®︎」。

 

BAPY®のブランドカラーでもある「コーラルピンク」を基調にした作りの旗艦店舗「BAPY® HARAJUKU STORE」にて、オープニングレセプションパーティーが行われ、女優の西内まりやさん、モデル・インフルエンサーなどが会場を訪れる中、元2NE1のDARAさんがスペシャルゲストとして登場しました。

 

西内まりや

 

完全招待制のパーティの中、様々な有名ブランドのショーからも招聘され全世界を渡り歩くファッショニスタであるDARAさんは「BAPY BY A BATHING APE®︎」の衣装をまとって存在感抜群!ブランドのリローンチを大いに盛り上げていました。

 

左:DARA 右:chocomoo

それではお待ちかね、DARAさんへのインタビュー。DARAさん自身のファッション感や、タメになる着こなしポイントなど、なかなか聞くことができない内容です!

 


 

 

日本へようこそ!東京はいつぶりでしょうか?また今回はどこに行きたいと考えていますか?

東京は今年の3月が最後だったので、本当に久しぶりです。個人的にもよく遊びに行った場所なので今回も早くまた行きたかったです。仕事で日本に来たのは4年ぶりですね。行きたいお店もいっぱいあります。

自分のお気に入りのカレー屋さんやラーメン屋さん、ドンキホーテなどで買い物もしたいです。

 

の方や、世界のファンの方へおすすめしたい日本のスポットはありますか?それはどういった理由からですか?

日本は本当においしいレストランが多すぎで、いつも何を食べるか迷います。私の知人たちがファッション業界に勤めているので、あまり知られてないお店を紹介してもらいました。特に、原宿や表参道は、私たちがよく衣装を買ったりする行きつけの店やブランド、ストリート、ヴィンテージショップまで全部揃っているところなので、おすすめのスポットです。

 

 

―日本の女の子でもストリトファッションが再ブムになってきています。ストリトなファッションを普段からよく着こなされていますが、BAPYをオシャレに着こなすためのポイントをえてください。

 

日本に来るたびに思っていますが、日本の女性は、ファッションを楽しんだり、いろんなところに遊びに行っている印象です。私は主にストリートファッションを好んで着ているんですが、BAPYにもカジュアルなトレーナーやフード、コート、ジャケットなど、いろんなアイテムがありますよね。

個人的にはカラフルなトレーナーとフードの上に季節に合うコート、そしてヒールやブーツなら、ストリート感とセクシーな女性らしさを両方出せるので好きなスタイルです。「ミックスアンドマッチ」をセンス良く利用するのがポイントです。

 

―ハイブランドからストリート、時にはシェイクシャックのTシャツまで着ているのも見つけました(笑)。様々なファッションをされていますが、洋服を選ぶときのポイントはなんですか?

 

自分が着る服なので、自分が気に入った服を買います。

気にいった服があれば、衝動買いしてしまう時も多いです。笑

ハイブランド、ストリート、ヴィンテージなど、

特にこだわりはないです。

その時自分がハマっているスタイルの服を見つけたら

すぐ買ってしまいます。

最近は季節のせいなのか、好んで着ていたカラフルな服よりも、おとなしいブラウンやカーキ、グレーのような秋の感じが出る服を着ているんです。

でも常に変化していくのがファッションだと思います。

 

―DARAさんにとって、DARAさんの「私らしさ」を構成する要素はなんでしょうか?

 

私は今まで控えめな服よりも、派手な服の方が好きでした。

人目を気にせず、自分がしたいファッションにチャレンジすることが大事だと思います。

たまには失敗もしてみながら(笑)他人からは可笑しく見えるかもしれないですが、それがファッションの魅力だと思います。

いろんなチャレンジをするかっこよさが DARAらしさだと思います。

 

―今後チャレンジしたいことはありますか?

 

時間が経てば、好みが変わると思いますが、

その時には私、もうすこし女子らしくて慎ましいスタイルになってますかね?!

でも年をとっても、自分が好きな服を着て、デニムにスニーカーが履けるようなおばあさんになりたいです。

 

 

「BAPY BY A BATHING APE®︎」の新たな展開とともに、DARAさんのアドバイスにもあるように“私らしさ”でストリートファッションを楽しんでみて!

 

INFOMATION

BAPY BY A BATHING APE®︎

住所:東京都渋谷区神宮前 4-21-5
Tel:03-5474-8869
営業時間:11:00 – 20:00(不定休)

URL:https://bape.com/bapy/

 

DARA Official Instagram:https://www.instagram.com/daraxxi/

ASBS

ライフスタイル・ファッション・ビューティーなどの情報を中心に、東京の今を読者に届けていきます。また、「自然体のオシャレでいられる」「オシャレの居場所を見つけられる」という価値を世の中の女性にもたらしていくことで、人々の生活を豊かにしていくメディアです。