歴史を学ぶ長崎旅行〜後編〜

LIFESTYLE

LCCのジェットスターと青文字系モデルがコラボして発足した“旅部”。 今回は柴田紗希、村田倫子、菅沼ゆりの3人の、長崎女子旅後編!人気観光地で歴史を学びながら、グルメや文化などを満喫します。

日本の近代産業を支えた世界遺産「軍艦島」へ
 
軍艦島へはクルーザー型ツアー船に乗ってGO!桟橋の入り口では、イメージキャラクターのガンショーくんがお出迎え。みんなで記念撮影すれば楽しい旅の思い出に!
 
 
軍艦島コンシェルジュの最新船「ジュピター」へいざ、乗船!ガンショーくんもお見送りしてくれました。
 

 
船長さんとも記念撮影♪
 

船内から見る景色ももちろんきれいですが、デッキに降りて海風を楽しむことも!
ガイドさんが優しく誘導してくれます。
 
 
明治時代から昭和時代にかけて炭鉱都市として栄えた軍艦島。閉山から約40年経った今も、建物の一部がその姿を残しています。当時の島民の生活を想像できる、貴重な場所です。
 

最盛期の昭和35年には約5300人もの人が住んでおり、当時の東京都の9倍もの人口密度でした。しかしエネルギーが石炭から石油へと移行し、昭和49年に閉山。無人島となりました。
 
 
当時を知るガイドさんが丁寧に解説してくれます。鉄筋コンクリートのものものしい景色だけではなく、歴史もしっかりと学ぶことができました!
 
 
\ ゆりがレコメンド! /
「訪れる前は”カッコいい島だな〜!”と思っていた軍艦島。実際に訪れてその歴史を学ぶと、その場所がより特別に思えるようになりました。当時の人たちの暮らしに思いを馳せることができ、貴重な経験になりました!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

菅沼ゆりさん(@yurippa93)がシェアした投稿

 
長崎といえばやっぱり…長崎ちゃんぽん
 
 
せっかく長崎に来たなら味わいたい、長崎ちゃんぽん。明治32年に創業した老舗の「四海樓」で昼食をいただきま〜す!四海樓は「ちゃんぽん」「皿うどん」の発祥と言われている有名店なんです。
 
 
まるでヨーロッパ!長崎を代表するテーマパーク
 
 
ハウステンボスではまず「ジェットスター旅部」公式アンバサダーの皆さんとご対面しました!独自の感性で旅の魅力を発信する楽しさを、お互い伝えていけたらいいですね♪
 

オランダの街並みを再現したテーマパークであるハウステンボスは、場内に風車やチューリップなどがあり、歩いているだけで旅情緒が深まります。
 
 
スリラーシティでは、VRで体験できるアトラクションがたくさん。三人が入ったのは「VR心霊百物語~廃病院~」。心霊スポットをVRで360度巡るアトラクションに、ついつい絶叫してしまいました…!
 
\ 倫子がレコメンド! /
「ヨーロッパの空気をまとったハウステンボスは、どこを撮ってもフォトジェニック!昼に歩いても夜に歩いてもそれぞれの楽しみ方があるから、一日を通して場内を歩くのがオススメ!レストランやカフェもたくさんあるからくつろげるよ♪」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ばえ〜⛱なお写真です。 #ハウステンボス #旅部

村田倫子さん(@rinco1023)がシェアした投稿 –

 
ハウステンボス内で楽しむチーズフォンデュの夕食
 
 
 
夕食はハウステンボスのアトラクションタウンにある「チーズワーフ」で、チーズフォンデュをいただきま〜す!
 
宿泊は優雅にホテルアムステルダム
 

二日目はハウステンボスのテーマパーク内にある唯一のホテル「ホテルアムステルダム 」に宿泊。
 
 
夜のハウステンボスは、昼とはまた違った表情を見せてくれます。場内をふらりとお散歩するのもおすすめ!一日中満喫しちゃいましょう♪
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

しばさき 柴田紗希さん(@shibasaaki)がシェアした投稿

 

1日目
 
 

出発前

AM9:00に、宿泊先・ホテルアムステルダムのロビーに集合!
きれいな庭園で出発前の時間を過ごして、早速三人のテンションもUP♪
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

菅沼ゆりさん(@yurippa93)がシェアした投稿

雄大な自然を感じる九十九島をぐるっと周遊

本日は、佐世保市で見逃せないもう一つのスポット・九十九島(くじゅうくしま)の遊覧へGO!遊覧船の発着地であるパールシーリゾートは、そこにいるだけで九十九島の景色が楽しめちゃう!

遊覧船の「パールクィーン」は優雅な白い船体が特徴。木目調の船内も雰囲気があって素敵なんです。

複雑に入り組んだ長いリアス海岸と208の島々が浮かぶ海域は西海国立公園に指定されています。島と島の間を縫うように進む遊覧船は大迫力です。

お天気にも恵まれ、船の上で感じる海風も最高に気持ちいい!

\ 紗希がレコメンド! /
「青い海と空が清々しくてとっても気持ちいい!島々の景色を楽しむのはもちろんのこと、船の上で感じる風にも癒されました♪」
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

しばさき 柴田紗希さん(@shibasaaki)がシェアした投稿

佐世保グルメの定番「佐世保バーガー」を堪能

佐世保のグルメといえば、やっぱり佐世保バーガー!旅部として、三人も楽しまないわけにはいきません♪

ご当地グルメである佐世保バーガー、実はこれ!といった決まった具材が入っているわけではなく、お店によって味や大きさが様々なんです。地元の人は人によってそれぞれお気に入りのお店があるとか…?色々なお店を回ってみても楽しいかも!

旅を終えて…

 

柴田紗希
「目の前の景色一つ一つに思いを感じた長崎の地でした。過去の歴史があるからこそ平和という言葉を大切にしているような…日本各地を旅している中で人からの思いを感じることはたくさんあったけど、その地から思いを感じるのは初めてでした。長崎の街の夕日がずっと心に残ってます♡また行きたいなぁ。そしてたくさん会いに来てくれた長崎のみんなも、本当にありがとうございました!出会いに感謝!やっぱり旅が大好きだと再確認した長崎旅でした!」

村田倫子
「色濃く残ったオランダの文化。それを引き立てる日本技術と文化が絶妙に混ざった風景が印象的でした。卓袱料理というジャンルにはじめて出会い、みんなでテーブルを囲い、色んな文化が融合したおもてなし料理を頬張るのは楽しかったです。そしてオランダと日本の文化が交わった空間が新鮮で、日本にいるのにどこか異国に迷い込んだ気分でした。街中のどこを切り取っても趣があり、写真に収めるのが楽しかったです。出会う人も温かく、ご飯もおいしくて、自然や文化の魅力がたっぷり詰まった長崎。この旅で長崎のことが大好きになりました。」

菅沼ゆり
「行ってみたかった場所の一つである軍艦島は、世界文化遺産にも指定されている場所!石炭の採炭で昔の日本の経済を支えていたり、たくさんの人で活気あふれていた島が、今は無人島となって日に日に朽ちていく姿がかっこよく圧倒されました。ここで働いて暮らしていた人がたくさんいたのかと考えながらその場に立つと不思議な気持ちになりました。長崎を訪れるのは中学生の修学旅行以来でしたが、大人になってから来ると感じるものがまったく違いました。平和の象徴、オランダの文化…灰色な世界から鮮やかな景色まで色んな色の長崎が見れてとても楽しかったです!もちろん食も!カステラもちゃんぽんもおいしかった〜♡なんだか大人の旅行になった気がしました。」
 

INFOMATION

※冬期スケジュール(2018年10月28日~2019年3月30日搭乗分)のエコノミークラス「Starter」片道運賃。
※支払手数料、空港使用料等が別途必要です。
※受託手荷物の料金は含まれません。
※諸条件が適用されます。
※掲載情報は2018年11月16日現在のものです。

PR Sponsored Content

ASBS

ライフスタイル・ファッション・ビューティーなどの情報を中心に、東京の今を読者に届けていきます。また、「自然体のオシャレでいられる」「オシャレの居場所を見つけられる」という価値を世の中の女性にもたらしていくことで、人々の生活を豊かにしていくメディアです。