シーパラ×増田セバスチャン「KAWAII 不思議 AQUARIUM」をレポート! “カワイイ”絵本の世界を体験

LIFESTYLE

人気の水族館「八景島シーパラダイス」と、世界的アートディレクター「増田セバスチャン」がコラボレーションした特別展「KAWAII 不思議 AQUARIUM 〜ピンクの森と青い海〜」が6月4日(土)から9月4日(日)の期間限定で開催中。“ピンクの森と青い海”をテーマにした展示はなんと体感型! 一体中はどうなっているのか……、気になる人も多いはず! そこで今回は、その魅力をくまなく紹介しちゃいます!

人気の水族館「八景島シーパラダイス」と、世界的アートディレクター「増田セバスチャン」がコラボレーションした特別展「KAWAII 不思議 AQUARIUM 〜ピンクの森と青い海〜」が6月4日(土)から9月4日(日)の期間限定で開催中。“ピンクの森と青い海”をテーマにした展示はなんと体感型! 一体中はどうなっているのか……、気になる人も多いはず! そこで今回は、その魅力をくまなく紹介しちゃいます!
 

水族館「アクアミュージアム」内にある大空間「ジンベエホール」を舞台にした「KAWAII 不思議 AQUARIUM」。ホール全体がピンクや紫の色合いを基調とした不思議空間となっていて、足を踏み入れると“飛び出す絵本に入ったような、可愛くて不思議な感覚”に陥ってしまう。
 

展示は、“青い海”を探す5章のオリジナルストーリーで構成されており、増田セバスチャンのKAWAIIワールドを象徴する大きな絵本が物語の序章を彩る。早速、物語の世界に足を踏み入れてみよう。

1章.ピンクの森「クラゲ」
始まりは、「ピンクの森」。そこは何千年もの間、不思議な生きものたちに守られている空間である。ここでは、ふわふわと漂う幻想的な 「クラゲ」が登場! オリジナルストーリーの最初に登場する海の生きもので、“青い海”を探すヒントをくれる。
 

2章.ユニコーンの道案内「ウミウシ」
クラゲからヒントを得て、さらに森を進むと、そこにはユニコーンの姿が! そのユニコーンが紹介する生きものは、ユニコーンと同じようにピンと伸びたきれいなツノを持つ「ウミウシ」。無口で照れ屋な「ウミウシ」の代わりに、ユニコーンが行くべき道を示してくれた。
 

3章.暗い森「ハナギンチャク」
進むにつれて、森はだんだんと暗くなっていく。そこに現れたのは、ぼんやりと光る美しい触手を持った「ハナギンチャク」。その美しさとは裏腹に、毒を持つことでも有名な海の生き物だ。しかしここでは、暗い森を明るく照らし、私たちを導いてくれる。
 

4章.夜と朝のはざま「ミナミハコフグ」
続いて訪れるのは、空が溶け出して海と合わさる時と言われる“夜と朝のはざまの世界”。いよいよ、“青い海”を探す旅も終盤に! そこに現れたのは気持ちよさそうに泳ぐ「ミナミハコ フグ」。彼らは「違う方向から探してみるのも大切」だと教えてくれる。
 

5章.この青い世界「ジンベエザメ」
ピンクの森の奥深くに行くと、そこに広がるのは探し求めてきた「青い海」! そこでは、現在体長約6,9メートルもある「ジンベエザメ」が悠々と泳いでいた。
 

その他にも、美しくてKAWAII海の生き物が勢揃い♡
 

もうひとつ注目なのが、物語に登場する海の生き物を360度カメラで水中撮影した映像! 水槽の中心にカメラを設置し、映像が流れる携帯端末と、特殊な3Dメガネにより、新しいVR(バーチャルリアリティ)の世界をへと連れて行ってくれる。

今年の夏休みは、八景島シーパラダイスに行って「KAWAII 不思議 AQUARIUM 〜ピンクの森と青い海〜」を楽しんでみては?

INFORMATION

■KAWAII 不思議 AQUARIUM 〜ピンクの森と青い海〜
開催期間:6月4日(土)〜9月4日(日)
場所:横浜・八景島シーパラダイス アクアミュージアム 1階 ジンベエホール

横浜・八景島シーパラダイス 公式サイト
http://www.seaparadise.co.jp

ASBS

ライフスタイル・ファッション・ビューティーなどの情報を中心に、東京の今を読者に届けていきます。また、「自然体のオシャレでいられる」「オシャレの居場所を見つけられる」という価値を世の中の女性にもたらしていくことで、人々の生活を豊かにしていくメディアです。