【Special Interview】「武智志穂 Serendipity」発売記念 武智志穂インタビュー

FASHION
LIFESTYLE

11月20日に自身第2弾となる書籍「武智志穂 Serendipity」を発売する武智志穂さんに初のインタビュー。

 

 

11月20日に自身第2弾となる書籍「武智志穂 Serendipity」を発売する武智志穂さんに初のインタビュー。この書籍に込められた思いや、撮影についてなど、いろいろなお話を聞かせてくれました。

 

一緒に年齢を重ねて来たファンに、今の私を伝えたい



—武智さん、書籍発売おめでとうございます!

ありがとうございます!とても嬉しいです。実は、前から第2弾書籍出版のお話は頂いていたのですが、自分の中でタイミングを考えていたり、新しい仕掛けを考えていたりしました。

−そのタイミングが今だと思ったのはなぜですか?

年齢を重ねた事もありますが、私の中でやっぱり結婚をしたことが自分の考え方やライフスタイルに大きな変化を与えてくれました。青文字系読者モデルで結婚後に書籍を出している子もなかなかいないし、ファンの方も一緒に年齢を重ねていっている事もあるので、私の変化を伝えるのは今なのかなと思いました。

—タイトルの“Serendipity”はどんな意味があるのですか?

“Serendipity”には『ひとつの目標に邁進している内に、偶然シアワセを見つけられる能力』という意味があって。偶然見つけた物事を、良いようにとるか悪いようにとるかはその人次第だと思うんですけど、私はなるべく良いようにとるように心がけています。振り返ってみると、これまでの私の人生は偶然の連続でここまできたような気がして、この“Serendipity”っていう言葉がぴったりだと思ったので、今回このタイトルにしました。

—どんな本になりましたか?

今回の書籍に関わっていたスタッフさんは、気心も知れていて、一緒に歳を重ねてきた人達だったので、表情など全てにおいて本当にナチュラルな自分が出せました。MakeUpのページには、髪の毛も何もしていない写真があるくらい(笑)。心を許しているスタッフだからこそできたことだと思います。構成の仕方もスタッフさんからの案で、きっちりカテゴライズに分けず朝・昼・夜といったような時間軸にしようという提案を受けて、そうしました。

—内容について教えて下さい。

朝のパートでは、私が実際に朝起きてからどんな食器を使ってお茶を飲み、どんな風に服を選んで、メイクをしているか、本当に毎日している手順に沿って、洋服や小物やメイク方法を紹介しています。
昼のパートでは、お気に入りのショップを紹介していたり、お仕事のことや、なんといっても女子の夢であるウェディングに関する事も紹介しています。
夜のパートでは、どんなインテリアや小物に囲まれて、どんなケアをして眠るのかを紹介しています。お気に入りのルームウェアもたくさん載せているので是非チェックして欲しいです!

—特に印象に残っている撮影はありますか?

やっぱりウェディングのページの撮影ですね。ずっと着てみたかったブランドのドレスを着たら感動して、ちょっと泣いてしまいました。実際着てみると本当に可愛くて、私もこんなにウェディングに対して思い入れがあったんやなぁ…と。感慨深かったです。

—ウェディングのページでも出てきますが、武智さんが選ばれる小物って個性があって可愛い物が多いですよね!

母がお洋服や小物やトールペイントを手作りする人で、その影響だと思います。朝のページで紹介したマグカップとか、細かい手作業が感じられる物を見ると、これはニクいなぁと思ってテンションがあがってしまいます。小物や昔よく着ていた古着でもそうなんですけど、人のぬくもりを感じられる物に惹かれますね。結局そういう物の方がずっと大切に扱います。でも、食器もそういった物ばかりなので、旦那さんには怖くて洗わせられません(笑)

 

 

 

 

 

 

ASBS

ライフスタイル・ファッション・ビューティーなどの情報を中心に、東京の今を読者に届けていきます。また、「自然体のオシャレでいられる」「オシャレの居場所を見つけられる」という価値を世の中の女性にもたらしていくことで、人々の生活を豊かにしていくメディアです。