apple-touch-icon.png 青柳文子が舞台に初挑戦、「アジェについて」5月上演 | ASBS

青柳文子が舞台に初挑戦、「アジェについて」5月上演

CULTURE / ART
LIFESTYLE

映画監督による演劇創作企画「CINESTAGE」。第一弾として、昨年公開された映画「サッドティー」が話題となった今泉力哉監督による初舞台「アジェについて」が5月12日(火)〜17日(日)まで東京・新宿ゴールデン街劇場にて上演される。

ENBUゼミナールが主催する映画監督による演劇創作企画「CINESTAGE」。第一弾として、昨年公開された映画「サッドティー」が話題となった今泉力哉監督による初舞台「アジェについて」が5月12日(火)〜17日(日)まで東京・新宿ゴールデン街劇場にて上演される。

<関連記事>青柳文子出演、等身大の恋愛模様を描く映画「知らない、ふたり」

同作には芝博文、青柳文子など個性的なキャストが出演。“そこ”で起きていることと、登場人物や俳優を困らせていくことにこだわる今泉監督の創作する演劇は、人間のおかしみが存分に抽出された舞台になりそうだ。

2016年公開の今泉力哉監督の映画「知らない、ふたり」にも出演が決まり、女優として活躍の場を拡げている青柳文子。舞台初出演となる今作はぜひチェックしておきたい。


《Information》

■アジェについて
料金:前売2,300円、当日2,500円
脚本・演出:今泉力哉
出演:芝博文、青柳文子、杉尾真理子、永山桃、濱津隆之、二ツ森恵美、清田智彦、7A、相馬陽一郎、平岡美保、福島綱紀、手塚加奈子、石田清志郎、加藤彩

【上演日】
5月12日(火) 19:30
5月13日(水) 19:30
5月14日(木) 14:00/19:30
5月15日(金) 14:00/19:30
5月16日(土) 14:00/19:30
5月17日(日) 13:00/18:30

【あらすじ】
劇団主宰者の芝は元劇団員だった杉尾の死を自分だけが2週間遅れで知らされ激怒。建設現場ではたらく清田がお見合いした二ツ森と再会するころ、同じ建築現場で働き始めた若くない新人アルバイト濱津は訳あって毎日遅刻。
待機児童問題を抱えたヤクルトレディーたちはあるDJ を巡って女の戦いを見せ、ある老人の死にひとりの女子高生が心を痛める。夢か現かわからないマスターの病気。そして宗教や政治の話。
ぼくたちは一体なにを大切に生きているんだろう。
アジェについての言葉は何を意味するんだろう?
ある女子高生が言う。「でも結局、全部つくりものじゃないですか?」

ENBUゼミナール 公式サイト
https://enbuzemi.co.jp

ASBS

ライフスタイル・ファッション・ビューティーなどの情報を中心に、東京の今を読者に届けていきます。また、「自然体のオシャレでいられる」「オシャレの居場所を見つけられる」という価値を世の中の女性にもたらしていくことで、人々の生活を豊かにしていくメディアです。