三戸なつめ、裏原宿で子供たちと「HAPPY WALL PROJECT」に参加!


3月24日(土)に開催された「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2018 in SHIBUYA」。イベントの中で、日本ペイントホールディングス(株)の「ROOMBLOOM」が2014年より取り組んできた社会貢献活動「HAPPY WALL PROJECT」が実施され、アーティスト・女優・モデルとして活躍する三戸なつめちゃんが参加しました。
 

「HAPPY WALL PROJECT」は、「ペイントで暮らしをもっと豊かにしたい」という理念に基づき展開されているプロジェクト。第1回目の品川区平塚児童センターを皮切りに、これまでに日本全国の教育施設や福祉施設など21カ所でペイントを行ってきました。
 

そして今回、渋谷と原宿の街を使って開催された「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL」は渋谷区・渋谷区観光協会の後援も付いており、渋谷・原宿の地域活性を目指していました。そこで「HAPPY WALL PROJECT」と「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL」がコラボレーション!裏原宿・キャットストリートにある託児施設「ミライ∞LABO KIDS」にて、子供たちと一緒に「HAPPY WALL PROJECT」を共同開催しました。
 

そしてこの企画に賛同したなつめちゃんがプロジェクトに参加!事前打ち合わせから当日まで、「ミライ∞LABO KIDS」の在園生と卒園生、ダウン症や自閉症の子供たちの絵画教室「atelier A(アトリエ・エー)」のメンバー、日本ペイントHD関係者らとペイントを行いました。
 

今回、ペイントをしたのは「ミライ∞LABO KIDS」の室内の壁3面。もっとも大きな面積の壁には園の象徴である「サーカステント」の絵が描かれました。サーカス団員になるには、くじけない心、チャレンジする心、人と違うことに取り組む視点など、子供に備わって欲しい全ての要素が含まれています。いつかサーカス団員を卒園生から誕生させたいという夢が園にはあるのだそうです。
 

サーカステントの配色をはじめ、ペイントの色選びもなつめちゃんが園の人々と相談して決定!子供たちがおだやかな気持ちで過ごせるよう、淡いパステルカラーから選ばれました。ペイントの数は189色もあり、かなり悩んだそう。サーカステントの3色の屋根には“birthday present”という名のピンク、“ALOHA!”という名の水色、“grass hopper"という名のグリーンに。側面の壁の色はサクラ色をした”little kiss"を使用しました。


 

ペイントはまず小さな子供からスタート。刷毛を使わずに手のひらにペイントを塗り、手形を付けて楽しむ子も!細かい作業、高い部分の作業は年長の子供たちとなつめちゃんが担当。年齢を超えて皆が助け合って作業を進めていき、開始から1時間ほどでペイント作業はほぼ完了しました。
 
 
 
ペイントが乾くのを待つためのおやつタイムでは、なつめちゃんと子供たちが仲良く遊ぶ姿も。一緒にペイントするだけでなく、話し、遊び、笑い、温かな雰囲気となりました。


みんなの協力でカワイイ壁が完成!見守っていた保護者の方から、なつめちゃんと子供たちに大きな拍手が送られました。

最後に今回のプロジェクトに参加したなつめちゃんのコメントをどうぞ。
「ペンキを事前に選んだのですが、子どもたちが園で落ち着いて楽しく過ごせるように、少しグレーがかった感じの落ち着いたパステルカラーを選びました。初めて壁にペイントをしたんですが、思ったよりも簡単にムラなく綺麗に塗ることができました。子どもたちとワイワイ一緒に塗れたのも、とても楽しかったです!」

イベント当日のようすはこちらの動画をチェックしてくださいね。

INFORMATION

■もしもしにっぽん
https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/

■三戸なつめ Instagram
@mito_natsume