シリーズ累計400万部突破の大ヒット漫画、待望の実写ドラマ化! 「賭ケグルイ」の第3話には、三戸なつめが登場!

シリーズ累計400万部突破の大ヒット漫画、待望の実写ドラマ化! 「賭ケグルイ」の第3話には、三戸なつめが登場!
河本ほむら原作、尚村透作画、月刊「ガンガン JOKER」(スクウェア・エニックス刊)で好評連載中の大ヒット漫画「賭ケグルイ」の実写化がMBS/TBSドラマイズム枠で絶賛放送中! 三戸なつめが出演することでも話題のドラマの3話の場面写真が到着!

<関連記事>『パディントン2』公開記念!三戸なつめインタビュー


創立122年を迎える私立百花王学園。この伝統ある名門校で生徒の階級を決めるのは“ギャンブルの強さ”。勝者には地位と名誉が与えられ、敗者は財産も尊厳も奪われる。この学園に、一人の少女が転校してくる。彼女の名は蛇喰夢子。一見するとお淑やかなこの美少女は、いかなるリスクもいとわない常軌を逸したギャンブル狂だった。学園を支配する生徒会は、夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客たちを送りこむ。壮絶な駆け引きと騙し合いを制したものだけが勝てる、究極の己を賭けた心理バトルが幕を開けた。


第2話で蛇喰夢子(浜辺美波)と早乙女芽亜里(森川葵)との勝負が決着し、鈴井涼太(高杉真宙)がほっとする間もなく一年生の皇伊月(松田るか)が登場。百花王学園の生徒会役員で実家がトイメーカーのお嬢様である皇は夢子に第2のゲームを持ちかける。彼女が提案したオリジナルギャンブルは「ダブル神経衰弱」。トランプ2組、計104枚のカードを使うこのゲームには驚異的な記憶力が必要だ。ふたりの勝負は拮抗するが、やがて天真爛漫な皇が倒錯した狂気の一面を見せ始める―。果たして皇が夢子に賭けさせるものとは!? そして学園を支配する生徒会役員のメンバー、豆生田楓(中川大志)、黄泉月るな(三戸なつめ)、五十嵐清華(中村ゆりか)の姿も!


毎回変わるOP映像も話題のドラマ「賭ケグルイ」第3話は、MBSで1月28日(日)深夜1時50分から、TBSで1月30日(火)深夜1時28分からの放送。またNETFLIXでも独占配信中。三戸なつめの登場で、ますます目が離せない第3話に期待して。

INFORMATION

■ドラマ「賭ケグルイ」 MBS、TBS深夜枠ほか にて放送中!
日時:MBS 毎週日曜 深夜0時50分~ ※第3話は深夜1時50分〜、TBS 毎週火曜 深夜1時28分〜、NETFLIXにて独占配信中

「賭ケグルイ」公式サイト
http://kakegurui.jp

RANKING


1週間でよく読まれた記事

PRESENT


プレゼント