非日常の世界へ誘う、一夜限りのアートの祭典「六本木アートナイト2017」が今年も開催


Photo by Mika Ninagawa


六本木の街を舞台にしたアートの饗宴「六本木アートナイト 2017」が、9月30日(土)、10月1日(日)の2日間開催されます。2009年から始まり、今回で8回目を迎える六本木アートナイトは、六本木の街を舞台とした一夜限りのアートの祭典。今では東京を代表するアートイベントへと成長し、コアタイムとなる日没から夜明けまでの時間帯にも、街を回遊する人の波が絶えることがないエネルギッシュで夢のような空間になります。



蜷川実花


六本木ヒルズ アリーナ イメージ


今回の開催テーマは「未来ノマツリ」。メインプログラム・アーティストに写真家・映画監督として幅広く活躍する蜷川実花氏を起用。先日行われたプレスカンファレンスで蜷川氏は、「“六本木の夜”というだけでワクワクします。普段アートに興味がない人にも来てもらえるような敷居の低いイベントにしたいので、出る側と観る側の境がない作品を作りたいと考えています。パフォーマンスも行うステージに、フォトブースを設置して、参加者が誰でも中に入って撮影ができるSNS映えする作品を製作中。みなさんSNSでバンバンアップしてください!」と意気込みを語った。



Angono Higantes,Big and Small
photo credit : photo walk Philippines/whatsnewph.com


また、今回は初の試みとして、東南アジアにスポットを当てた「東南アジア・プロジェクト」も始動。東南アジアのアーティストが“祭”をテーマに地域のコミュニティメンバーと協働して作品を制作、六本木アートナイト本番で作品を発表します。蜷川氏は「多彩な色に溢れた東南アジアの世界観は、自分の作品にもリンクすると思います。楽しくてワクワクするけど闇もある、洗練されたものだけでない、とってもエネルギッシュな場所。そんなアジアの中心が東京だと感じてもらえるような国際的なイベントにしたい」とコメント。

様々な商業施設や文化施設が集積する六本木を舞台に、現代アート、デザイン、音楽、映像、パフォーマンス等の多様な作品が街中に点在する、六本木アートナイト。一夜限りの非現実空間で、アートを自分の肌で感じて。

 

六本木アートナイト 2017

日時:2017年9月30日(土)〜10月1日(日)
※コアタイム 9月30日(土)日没17:27〜10月1日(日)日の出05:36
開催場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、 国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
入場料:無料(但し、一部のプログラム及び美術館企画は有料)

六本木アートナイト2017公式サイト
http://www.roppongiartnight.com/2017/

出典:She magizine

INFORMATION

毎日がちょっとおしゃれに楽しくなるWEBマガジン
“She magazine”
http://she-mag.jp