新江ノ島水族館で「ナイトワンダーアクアリウム2017~満天の星降る水族館~」がスタート!

新江ノ島水族館で「ナイトワンダーアクアリウム2017~満天の星降る水族館~」がスタート!
“えのすい”こと「新江ノ島水族館」が2014年から毎年開催している夜のスペシャルイベント「ナイトワンダーアクアリウム」が、今年も7月15日(土)からスタート。

<関連記事>フォトジェニックなスイーツを発見! SNS映え◎な東京カフェ5選


夜の新江ノ島水族館で待っているのは、“魚たちとデジタルテクノロジーの融合”による、海に降りそそぐ満天の星空と、そこできらめく魚たちが織りなす、不思議な星夜の物語。“えのすい”を宇宙に変えてしまう幻想的な映像コンテンツと、星を集めて編みあげたような美しいオリジナル音楽が、来場者を未知なる感動体験へといざなう。

相模湾ゾーンの「出会いの海」では、一番星から星空へ変わりゆく映像コンテンツ「一番星が連れてきた夜」が来場者をお迎え。館内を移動するにつれ周囲には満天の星空が広がり、「沿岸水槽」では音のモチーフとセンシング技術を駆使したインタラクション「弾けて音を奏でる星たち」がファンタジックな世界を創り出す。「相模湾大水槽」で繰り広げられるのは、メイン映像コンテンツ「海という名の宇宙、宇宙という名のいのち」。華やかで迫力に満ちた映像と、全身を包み込む壮大な音楽、そして大水槽を泳ぐ魚たちの光り輝く姿が一つとなり、“えのすい”ならではの全く新しい感動体験を生み出す。また、「海月の宇宙~そらを泳ぐクラゲ~」では、クラゲファンタジーホールから宇宙へ飛び出し、クラゲにまつわる星たちを紹介。さらに、「深海II~しんかい2000~」では神秘的なオブジェとライトアップで想像力を刺激するなど、館内は見どころが満載。


パート1は7月15日(土)~9月30日(土)、パート2は10月1日(日)~11月23日(祝・木)、パート3は11月24日(金)~12月25日(月)と、3つの期間で開催。季節とともにコンテンツが変化するので、何度も行きたくなること間違いなし。ドラマティックで神秘的な夜の海を描き出す、えのすいのナイトワンダーアクアリウムでロマンチックな夜を楽しんで。

INFORMATION

■ナイトワンダーアクアリウム2017 ~満天の星降る水族館~
期間:2017年7月15日(土)~12月25日(月) 休催日:10月21日(土)
[パート1] 7月15日(土)~9月30日(土) 17:00~20:00
[パート2] 10月 1日(日)~11月23日(祝・木) 17:00~19:00 ※10月21日(土)休催
[パート3] 11月24日(金)~12月25日(月) 17:00~19:00 ※12月23日(祝・土)~12月25日(月) 17:00~20:00
入場料:大人2,100円、高校生1,500円、中学生・小学生1,000円、幼児(3歳以上)600円
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1


新江ノ島水族館
http://www.enosui.com

RANKING


1週間でよく読まれた記事

PRESENT


プレゼント