「ミニオンズ」に続く注目映画「SING/シング」の劇中にきゃりーぱみゅぱみゅの楽曲が登場!

「ミニオンズ」に続く注目映画「SING/シング」の劇中にきゃりーぱみゅぱみゅの楽曲が登場!
12月21日(水)に全米公開される、クリスマスシーズンの注目映画「SING/シング」に、きゃりーぱみゅぱみゅの楽曲の使用が決定した。

<関連記事>海外に誇る日本カルチャーが集結!「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL2016 in TOKYO」開催

「ミニオンズ」「ペット」を生み出した、ユニバーサル スタジオと、イルミネーション エンターテインメントのスタッフが贈る新作アニメーション映画「SING/シング」。フランク シナトラや、ビヨンセ、テイラー スウィフト、レディー ガガ、スティーヴィー ワンダーといったアーティストの誰もが聴いたことがあるヒットソングが使用されることで話題の映画だ。


日本時間12月4日(日)にロサンゼルスのマイクロソフトシアターで行われたワールド プレミアでは、報道陣でひしめく中レッドカーペットに姿を現したのは、日本が誇るポップカルチャーを世界に発信しつづけるアーティスト「きゃりーぱみゅぱみゅ」。この日は、映画「SING」の劇中に登場する、きゃりーぱみゅぱみゅの楽曲を歌う”キューティーズ” という5人組が着る衣装のような、頭に大きなピンク色のリボンを付け、きゃりーらしい華やかな衣装で登場。世界から集まった報道陣の中、ファンの声援に笑顔で手を振りレッドカーペットを歩いた。


今回、きゃりーぱみゅぱみゅが参加した理由は、彼女の楽曲が映画「SING」の映画製作者らの目にとまり、世界60か国以上で公開される本編に、劇中のボイズキャストらによって吹き替えられた「にんじゃりばんばん」「きらきらキラー」や「こいこいこい」の3曲が収録されたことから、日本のみならずアジアから唯一の招待となった。


その他、華やかな雰囲気のレッドカーペットには、映画「SING」のボイスキャストを務めた、マシュー マコノヒー、リース ウィザースプーン、トリ― ケリーなど、メインキャスト達も続々と登場し、会場の盛り上がりは最高潮に。


そんな中、サウンドバイツで取材を受けていたきゃりーぱみゅぱみゅと、トリ― ケリーやリース ウィザースプーン、タロン エガートン、クリス メレダンドリ、そしてスティービー ワンダーと2ショットが実現。日本から唯一参加しているきゃりーと笑顔で挨拶を交わした。

映画「SING/シング」は、来年3月17日(金)より全国ロードショー。一足先に「にんじゃりばんばん」が使用されているシーンの映像が公開になっているので、ぜひチェックしてみて。

INFORMATION

■映画「SING/シング」
公開日:2017年3月17日(金)
http://sing-movie.jp/

本編映像
https://www.youtube.com/embed/CGUQDKtS19Q?rel=0