【吉祥寺】ミルクレープ生みの親が手がける「カサネオ」のスイーツは手土産にもぴったり♡

ミルクレープを食べたことがある人は多いと思いますが「元祖のミルクレープ」ってどんな味が気になりませんか? 「カサネオ」はなんと、ミルクレープ生みの親・関根シェフが創る重ね菓子のブランドなんです。大阪の阪急うめだ本店でひと足先に販売をしたところ大盛況で、5月10日(木)、東京のアトレ吉祥寺でもオープンするんですって! いち早く試食会に行ってきました〜♪

元祖が創る味を知って欲しい。その思いがシェフの心に火をつけた!
 
 

ミルクレープが初めてショーケースに並んだのは、今から約30年前。西麻布の小さな喫茶店で販売されました。実はそんなに昔のことじゃなかったんですね。

それからしばらくお菓子業界を離れていた関根シェフが、世の中でひとり歩きしていくミルクレープを見ていて、もう一度自分のミルクレープを知って欲しい。そんな思いで業界に戻り、開発をし直して「カサネオ」のミルクレープができたんです。
 

そういえばミルクレープって、30年前に流行っていた原宿のクレープとフランスのミルフィーユ、シェフ得意のイタリア料理ラザニアから着想を得て生まれたそうですよ。

カサネオのミルクレープは極限まで薄く焼いた20層のクレープ生地に、オリジナルブレンドの新鮮なクリームを全ての層へ丁寧に仕込んである贅沢な作り。
 

フォークがすっと滑らかに下まで届き、濃厚な味わいが口の中で広がります。1ピースで結構なボリューム感!

見た目も味も“カワイイ”期間限定「いちご」が気になる!
 

5月に販売するのは、「ミルクレープ」「ミルクレープ クリームチーズ」「ミルクレープ ダブルショコラ」「ミルクレープ いちご」の4種類。関根シェフに、読者へのおすすめも聞いてみました!

関根シェフ「期間限定のいちごは、きれいなピンク色を出すのにとても苦労しました。冷凍するので生いちごが使えない代わりに、フリーズドライのいちごを仕込み、つぶつぶ感を楽しめるようにしています。また、いちごシロップも生地内に使っていますよ。上にエアスプレーでアートも施していて、見た目も味も大満足な一品です。もちろんほかの味も女性に人気の高いものばかりなので、試してみてくださいね」
 


ほかにも「重ね」をテーマにした焼き菓子もご用意。上の「しっとりミルガトー ミニバウム」はフランボワーズ、チョコレート、オレンジの3種類の味から選べます。下の「ザクザクミルガトー 1000層のパイ」はザクザクの食感がやみつきになりそう♡

まだ大阪の阪急うめだ本店、東京の吉祥寺アトレにしか販売していないので、お土産にすると珍しくて喜ばれるはず! 現代版にアップデートした元祖ミルクレープ、ぜひ一度みんなでご賞味あれ♪


photo:Kayo Sekiguchi
edit&text:Tomoko Yabuta

INFORMATION

■casaneo(カサネオ)アトレ吉祥寺店
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24 本館1F
営業時間:10:00〜21:00
電話番号:お客様相談室0120-031-718(9:00〜17:00)
https://www.suzette-shop.jp/shop/c/ccasaneo/

【ミルクレープ】
・ミルクレープ
  ピース¥501
  ホールM(直径12cm)¥2,268
  ホールL(直径15cm)¥3,571
・ミルクレープ クリームチーズ
  ピース¥540
  ホールM(直径12cm)¥2,484
  ホールL(直径15cm)¥3,900
・ミルクレープ ダブルショコラ
  ピース¥540
  ホールM(直径12cm)¥2,484
  ホールL(直径15cm)¥3,900
・ミルクレープ いちご ※期間限定
  ピース¥594
  ホールM(直径12cm)¥2,484
 
【焼き菓子】
・しっとりミルガトー ミニバウム(フランボワーズ/チョコレート/オレンジ)
  8個入り各¥1,404〜
・ザクザクミルガトー 1000層のパイ
  12枚入り¥1,620〜

※全てtax in