東京・千駄ヶ谷にオープンした日本茶スタンドカフェ「八屋」

みなさんこんにちは。MOSHI MOSHI BOX 原宿観光案内所の館長・塩田です。

今回は、個性的なカフェが多く集まる千駄ヶ谷にオープンした、日本茶スタンドカフェ「八屋」にお邪魔してきました。

DSC_0003

竹製のベンチに玉砂利を敷いたエントランス。懐かしい和の雰囲気なのにスタイリッシュな外観です。

DSC_0002

お店の名前、八屋にちなんだロゴは、今流行りの家紋風。洗礼されたデザインがおしゃれ。

DSC_0045

店内は、カウンターのみのシンプルな造り。印象的な壁紙は、浮世絵を思わせる波の模様。

DSC_0048

店内にディスプレイされた食器はデザイナーさんが全国から集めたもの。

DSC_0005

今や盆栽は世界的なブーム。さりげなく置かれています。

 

八屋では茶葉だけでなく、急須などの道具1つ1つ最高品質のものを使用しています。

今回は、八屋のメニューの中から私が悩みに悩んで選んだ3品を紹介します。

DSC_0035

「井ノ倉 気宇」(¥450)

こちらは、奈良・月ヶ瀬で栽培した「ティーファーム 井ノ倉」の茶葉が使用された一杯。

八屋のお茶は、一番煎じと二番煎じのブレンド。最後の一滴まで入れて、旨みを閉じ込めます。

 

DSC_0014

日本茶は作る際のお湯の温度、蒸らす時間、注ぐ速度などで味が変わる繊細な飲み物。

八屋では、オーダーが入ってから一杯一杯丁寧に淹れてもらえます。その美しい指先を見ながら待つのも至福のひと時。

 

DSC_0022

「ほうじ茶スムージー」(S¥500 L¥600)

スムージーのメニューは煎茶・ほうじ茶・抹茶の3種類。今回は、香ばしい香りが特徴のほうじ茶スムージーをチョイスしました。

砂糖ではなく白餡を使用しているので、上品な甘みとかすかな餡子の舌触りが楽しい。

 

DSC_0039

八屋のメニューは、ラテもスムージーも甘さ控えめ。カウンターに置かれている蜂蜜と和三盆で、自分好みの甘さにカスタマイズできます。

 

DSC_0027

「果実炭酸冷茶」(¥700)

お茶×炭酸×フルーツという、斬新な組み合わせのドリンク。

中にはブドウ2種、レモン、ザクロがゴロゴロ。フルーツは季節によって変わるそう。

DSC_0032

レモンの果汁によって渋みを消し、お茶とは思えない爽やかな味。 カップの底にはなんと、煎茶のジュレが。さすがお茶屋さんです。

 

DSC_0006

八屋ではドリンクの他に甘味として、あんみつ、ソフトクリーム、大福、かりんとうも販売されています。

 

DSC_0036

八屋は、今回紹介した千駄ヶ谷店の他に代官山にも店舗を展開中。

原宿へお越しの際はちょっと足を伸ばして、千駄ヶ谷の日本茶スタンドカフェ「八屋」でこだわりと新しさが詰まったお茶ドリンクを楽しむのはいかがですか?


出典:もしもしにっぽん

もしもしにっぽん オフィシャルサイト
http://moshimoshi-nippon.jp/jp/

INFORMATION

■八屋(はちや)   
千駄ヶ谷店
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-1-8
営業時間:9:00~19:00
定休日:土曜・日曜・祝日・年末年始
アクセス:原宿駅から徒歩20分・北参道駅から徒歩2分

代官山店
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-16-9
営業時間:9:00~19:00
定休日:なし(年末年始を除く)

RANKING


1週間でよく読まれた記事

PRESENT


プレゼント