おしゃれは髪色が命!! モデルが女子の原宿デビューをプロデュースする企画会議を敢行!

かわいい人であふれる原宿! 遊びに行くならおしゃれして行きたいよね。でもどんな格好をしていけばいいのか悩まない?

そこで、ティーンのおしゃれをサポートするプロジェクトが始動決定! その名も「 #原宿デビュー大作戦 」!! 原宿に初めて行く子も何度目かの子も役に立つおしゃれ情報を、有名モデルやインフルエンサーたちがお伝えしていくよ。

今回はプロローグ編。4名のモデルたちがヘンケルのプレスルームにて、女子の髪色プロデュースについて会議しました♪ 原宿歴の長い彼女たちに、原宿の歩き方をレクチャーしてもらいましょ!
 

左から、柴田ひかりさん、古関れんさん、瀬戸あゆみさん、菅沼ゆりさん

あゆみ「原宿に行くって大イベントだったから、ヘアもコーデも気合い入れてた」

――みなさんの原宿デビューってどうでした?
 
 

あゆみ:埼玉出身だから、初めて来たのは小学生かなー? 竹下通りはひとりで歩いているとスカウトされるっていう噂があって、連れて行ってもらったいとこと一緒だったけど、すごくドキドキしながら歩いてた。

ゆり:私は高1が初の原宿かも。竹下は派手な人が多かった。

ひかり:そういえば、髪の毛ピンクとかオレンジにしてなかった?

ゆり:専門学生のときにね。高校は普通の学校に行ってたから大胆に染められなくて、こっそり毛先だけアッシュにしてた。で、注意されたら切る(笑)。

あゆみ:私は校則のない高校だったしサロンモデルもやってたから、ポイントで髪の毛にグリーンとか入れてたかも。しょっちゅう髪色変えてたなー。

ひかり:私、学生時代、瀬戸さんに会いに原宿のNADIA行きましたよ(笑)。

あゆみ:あ、働いてた(笑)。
 

ゆり:原宿へ憧れのモデルさんに会いに行ってたね。服やヘアスタイルも参考にしてた。

れん:私は高校のとき原宿でバイトしてたけど、地元じゃなくてわざわざ原宿で働くっていうのがすごくステイタスだった。バイトでお金貯めて、好きな原宿ブランドで洋服買って。ノベルティがもらえたりするのも嬉しかった。

あゆみ:中学のときは年2回、夏と冬のセールにしか行けなかったから、原宿に行くってだけで自分の中では大イベントだったんだよね。だからヘアもコーデも気合い入れてた。

ゆり:私もどうやったら目立つかなって考えながら、コーデ組んでたよ。

ひかり:私は高校生のとき、ギャルに憧れていて金髪でした。でもツインテールで、洋服は原宿系っていう(笑)。「原宿のおしゃれさとギャルのMIX」ってスタイルに、自分なりにこだわりを持ってたかな。
 
--------------------------------------------------------------

4人の初めてのヘアカラー話や、染めるならかわいいパッケージのヘアカラー剤! って話、今後やりたいイベントなどをゆるーく語った座談会の続きは、特設サイト「 #原宿デビュー大作戦 」で見られるよ。下の「続きはこちら」からGO!
 

INFORMATION

■FRESHLIGHT「#原宿デビュー大作戦」特設サイト
http://freshlight-harajuku-debut-project.jp/