【京都さんぽ】1日で京都を満喫!観光&グルメ&体験アクティビティを楽しむ京都2人旅

MOSHI MOSHI NIPPONがオススメする「スポット」を紹介している連載「東京さんぽ」。今回は東京を飛び出し、日本の古都・京都のオススメスポットをご紹介!柴田ひかりちゃん、菅沼ゆりちゃんの京都2人旅「京都さんぽ」をお届けします。


東京から朝7時台の新幹線に乗り、京都に到着したのは10時。まずは京都ならではのグルメを堪能したい!ということで、InstagramなどSNSで話題のスポットに行ってきました。


まずは腹ごしらえ!おたべ本館の限定スイーツ


まずは腹ごしらえ!ということで、事前にチェックしていたスイーツを食べに「おたべ本館」へ。京都駅から近鉄に乗り十条駅を下車。徒歩9分でおたべ本館に到着します。


SNSでチェックしていた、フォトジェニックな見た目が人気の「くちどけアイス」(500円 税込)と、新商品のスフレサンド(162円 税込)を購入しました。


くちどけアイスは、小豆が入った濃いめのミルクかき氷の上に、ふんわりした生クリームと抹茶がかかったスイーツ。抹茶で描かれた「おおきに」の文字がとってもかわいい♡「おおきに」は、関西弁で「ありがとう」という意味。


柴田ひかり(以下ひかり):生クリームが甘すぎなくておいしい!かき氷を食べていくと途中で小豆が出てくるので、色んな味が楽しめるのも◎。


新商品のスフレサンドはスフレ生地になめらかなチーズクリームがサンドされた商品。
菅沼ゆり(以下ゆり):スフレが本当にふわっふわ!サンドされてるチーズ味のクリームとスフレの相性が抜群です。


 
おたべ本館には工場も併設されていて、京都の各所で販売される京都の銘菓・生八つ橋「おたべ」が製造されています。


工場見学や手作り体験教室も開催されているので、興味のある方は下記のサイトをチェックしてみてください。

■Information
おたべ本館
住所:京都市南区西九条高畠町35-2
営業時間:9:00〜18:00
http://www.otabe.kyoto.jp/2013_new/store/honkan.html

 
京都のシンボル、京都タワーへGO!


お腹が満たされたところでもう一度京都駅へ戻り、京都タワーへ。京都タワーは京都市街で一番高い建物。地上100メートルにある展望室から京都の街並みが見渡せる他、お土産もたくさん売っているので観光客にも人気のスポットです。


京都タワーの3Fフロアでは、巻き寿司体験、食品サンプル作りなど、日本ならではの体験教室がいくつも開催されています。ゆり&ひかりちゃんは、京都ならではの体験をチョイス!おたべ体験道場で、生八つ橋おたべの手作り体験に参加しました。


まずは専用着に着替えて、準備をします。着替えた後は記念撮影。この写真一体何に使われるのでしょう、、、?


生八つ橋の手作り体験では、米粉を蒸した生地で皮を作り、餡子を詰めて出来上がり。
生地をモチモチにする作業は力作業!2人とも無言で練って練って練って、、、先生にOKをもらうまで生地を練り続けました。



センスがいいと褒められた2人の作品はこちら。プレーンの生八つ橋、抹茶味、紫芋味の生八つ橋を作り、最後は自分で点てた抹茶と一緒に試食タイム!

ゆり:自分で作ったものってやっぱりおいしい!
ひかり:生地が優しい味でモチモチしてる!




最後にお土産と認定証をもらって体験教室は終了。お土産のパッケージには、最初に撮影した写真が入っています!世界で1つのお土産がもらえるのも嬉しいですね。

■Information
京都タワーサンド おたべ体験道場
住所:京都府京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町721-1 京都タワービル2階
予約はこちら:https://otabe-ktt.dt-r.com/
※前日15:00までの完全予約制となります。



清水寺近くをお散歩


京都の雰囲気を味わえる場所を歩いて写真撮影をしたい!ということで2人が選んだのは清水寺近くのスポット。二年坂、三年坂の辺りでお土産屋さんをのぞきつつ、京都の雰囲気を味わいます。


日本ならではの街並みが続くので、どこで写真を撮っても素敵な仕上がりに!京都でステキな写真を撮りたい場合は、ゆり&ひかりちゃんの撮影場所を参考にしてみてください。


ちょっと一息。京都に来たらやっぱりお茶!




二年坂近くにある京ばあむ清水店でグリーンティを飲んで一息。ほどよい甘さのグリーンティで、歩き疲れた体をクールダウンさせます。


お腹に余裕があれば抹茶味のバウムクーヘン「京ばあむ」がたっぷり入った「京ばあむコルネ」(540円)もオススメ。周りを抹茶のフォンダン(砂糖衣)でコーティングされた京ばあむは、京都土産で大人気の商品なんです。

ゆり:京ばあむと生クリームの組み合わせがおいしい〜

■Information
京ばあむ 清水店
住所:京都市東山区清水2丁目229
営業時間:9時00分~18時00分 ※営業時間は季節により変動します
http://www.otabe.kyoto.jp/2013_new/store/kiyomizu.html
 
 
とっておきのフォトスポット


お店に立ち寄ったり写真撮影したり京都散歩は続きます。




京都の街並みと八坂の塔をバックに。2人が見つけた、とっておきのフォトスポットです。

最後は祇園・鴨川をお散歩
京都らしい場所といえば祇園。帰る前に祇園に立ち寄り、京都らしい街並みや、鴨川を散歩しました。








どこで写真を撮っても絵になる京都。旅行の様子は2人のSNSでも紹介されているのでチェックしてみてください。

ひかり:京都を散策するのは2回目だったけど、おたべの工場見学や、手作りおたべ体験など前回来た時とはまるでちがう京都が堪能できました!
普段から抹茶が好きで抹茶味のお菓子などよく食べてるけど本場の抹茶のお菓子がたくさん食べられて大満足でした!

ゆり:京都には抹茶にまつわる食べ物だったり美味しいお菓子がたくさん!できたての おたべ八つ橋、京ばあむは美味しすぎて何個でもいけちゃう。八つ橋の手作り体験も楽しかった!日帰りでも心もお腹も大満足!食べること大好きなわたしには最高の女子旅でした。また行きたいな〜♪
 
 
京都の限定スイーツ、八つ橋づくり体験、清水寺や鴨川の観光と盛りだくさんの内容だった今回の日帰り旅行はいかがでしたか?ぜひ京都旅行の参考にしてくださいね。


Model:
柴田ひかり Instagram:@_sbthkr
多数の人気ファッション誌にて活躍中。透明感のある爽やかな印象とファッションセンスや独自のスタイルを併せ持ち、Instagram・TwitterなどのSNSで彼女が発信する様々なライフスタイルは同世代の女の子から絶大な指示を集める。モデルの活動に加え、フォトグラファーとしても活躍しており、東京以外に地方でも写真展を開催している。また、ポートレートサイト「HIKARICAMERA」を自身で立ち上げるなどクリエイターとしても活動中。

菅沼ゆり Instagram:@yurippa93
豊かなファッションセンス持ち、様々な雑誌でとりあげられているモデル。
「ゆりっぱ」の愛称で親しまれており、 同世代の女子から絶大な支持を集めSNS発信は非常に高い影響力を持つ。メイクの技術も非常に高く、コスメの開発に携わるなど幅広く活動中。
 最近ではTVやMV出演など、モデルの分野を越えマルチな才能を発揮している。

Photograph :Kayo Sekiguchi
Writer:Sayuri Mizuno(ASOBISYSTEM)

出典:もしもしにっぽん

INFORMATION

■もしもしにっぽん オフィシャルサイト
http://moshimoshi-nippon.jp/jp/