【大人が出逢う、東京古着】 代官山CARBOOTSに教わる、ヨーロッパ古着の世界


—マリー・アントワネット、オートクチュールにベル・エポック、デパートとプレタポルテ文化。“モード”の発祥地であり、そして今なお一流メゾンが多くの本拠地をここに構える。世界随一のセンスの街、フランス、花の都パリ!
そんなパリを中心に、ヨーロッパ全土はファッション大陸として発展。
貴族のお姫様のドレス、海兵さんの制服、ダイナーのお姉さん、UKロックスター。どんな職業の誰が着る服も、凝りに凝られたそれらのデザインに目を奪われる。



そんな一際洗練されたヨーロッパファッションへの愛と歴史を提げて、
「ヨーロッパ古着」にこだわり抜いたセレクトで人々を魅了するお店がある。
代官山・CARBOOTS。今年で16年を迎える。
ガラス張りとペイントされたタイル。もうその佇まいだけで、この一角だけは、さながらヨーロッパの小道だ。



お店を縦横無尽に駆け巡る幅広いアイテムたち、それらどれを取っても、タグを見れば一目でどこの国からやってきたのかがわかる。丁寧な計らいにまず、感激してしまう。



フランス・イギリスを中心とした19世紀から80年代のヴィンテージ・ブランド古着、アクセサリーにバッグなど、豊富なラインナップが一堂に集う。
他ではなかなか手に入らないアイテムたちは、オーナーの岩本さん自らが頻繁に現地に出向き、収集。入荷日はほぼ毎日。毎日新しいものが品出しされるって、それだけで楽しみだ。



フランスもいいけれど、イギリスだって負けてはいません。 街を歩けば、たちまちヴィンテージショップに出会える、屈指の古着タウン。CARBOOTSの原点は、ロンドンにありました。
車のトランクに雑貨や洋服を詰め込んで、小学校や大きな駐車場で開催されるバザー、「CARBOOTS SALE」。
「一般の人がバンとかの車で乗り付けて売るんですけど、トランクを開けたその時から、何とも言えないワクワクに駆られるんです。ここから何が出てくるかわからない!そんなトランクのようなお店にしたくて、この名前にしました」



オーナーの岩本さんはイギリスに住んでいた頃、このCARBOOTS SALEに足繁く通ったのだという。
「市民同士のリサイクルショップのような気軽さがあるんですけど、本当に宝探しのようなんですよ」



当時の胸の高鳴りを懐かしみながら、目の前に拡がる大きな大きなトランクに目をやる岩本さん。このトランクも16年前には何にも入っていなかったのだなと思うと、それだけで岩本さんとヨーロッパの愛と歴史の深さを思い知らされてしまう。





何度も飛行機に乗って、何年もかけて、このトランクには物が増えたのだ。
いつでもこのトキメキをキープできるように、増やしては減り、減った分以上にまた増やして。それを何度も何年も繰り返して。
だから、入った瞬間からドギマギしてしまう。
これの一体どこから見よう、何を探そう、どれを買おう。
忘れたくない高揚や、逃がしたくない想いは人から人へ伝播する。



装いだけでなく、装いを創作する人にも寄り添ったアイテムが揃うのも、
CARBOOTSの魅力の一つ。フランスのアンティークボタン・レース・生地・アクセサリーパーツなど、クリエーターのハートに日をつけるような他にはない素材がびっしりと揃っている。



まだまだ、序の口! だって、ここはCARBOOTS SALE。何が出てくるかわからないトランクなのだ。ブリキのミニチュアにキッチン小物、キッズグッズやアンティーク雑貨など、家に飾っておくだけで惚れ惚れしてしまうようなアイテムも豊富に揃ってしまう。



この数多のキーホルダーたちも見逃せないコーナーの一つ!
業広告を目的としたノベルティや、業務品の付属など、もはや美術館レベルのラインナップだ。「これは航空会社で、これは洗剤メーカーかな」
一つ一つ見ていると、ヨーロッパ圏内をちょっと知った気になってしまうほどの説得力。



「商業にはないちょこっと間抜けなデザインや、ズレたムードが何とも言えないんですよね。こういう昔の教育教材とかも絵が独特で、見つけるとついつい集めてしまうんです」
岩本さんの話は聞いていて本当に楽しい。
優しい声に詰まった溢れんばかりの愛着とこだわり。勝手な想像だけれど、誰かが一つ買っていくたび、きっと、すっごく嬉しくて、そのお別れは、やっぱり少しさみしいんだろうな。
岩本さんの楽しそうな声を聞きながら、ふと、そんなことを思った。



かつていらなくなったものが今求められたり、誰かがいらないものは誰かが欲しいものだったりして、それがまた楽しい。
発見する喜び、迷う楽しさ。
人が巡り、ものが巡り、着られなかった服や使われなかったものにまた命が吹き込まれる。そうして、いつかの夢はどこかで続く、トランクから飛び出して。



トランクに夢だけ詰めて、なんてよく言うけれど、今こそぴったりくる言葉じゃないか。空っぽだったトランクにこうして溢れかえるものたちが語る過去、手を取る今とつながる未来。
まさに、イギリスのガレージで生まれた夢が今ここにある。
大きく大きく膨らんで、それから、ぎゅっと詰まって。


CARBOOTSが誇る、ALLフランスコーデ!



レーストップス ¥5950、エルメスシャツ ¥32950、デットストックベルト ¥8950、デニム ¥8950、デットストックネックレス ¥8950


フランスで買い付けアメリカワンピースが主役



80’sアメリカワンピース(U.S.A)¥15950、ランセルかごバッグ(France)¥9800、イヴ・サンローランシューズ(France)¥19800
 

Photo:Kayo Sekiguchi
Edit:Namiko Azuma
Text:Miiki Sugita


CARBOOTS

住所:渋谷区代官山町14-5シルク代官山1F
電話番号:03-3464-6868
営業時間:12:00-21:00
Instagram @carboots_

出典:She magizine

INFORMATION

毎日がちょっとおしゃれに楽しくなるWEBマガジン
“She magazine”
http://she-mag.jp
 

RANKING


1週間でよく読まれた記事

PRESENT


プレゼント