古関れんが行く! 東京お散歩日和 〜毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどく展2)〜


2014年夏に開催し、94日間で約20万人の来場を数えた「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」。たくさんのラブコールに応えて、第2弾がサンシャイン水族館特別展会場で絶賛開催中! 「爬虫類が大好き♡」と公言してやまない古関れんちゃんが、会場の見所をレポートしてくれたから、まだ観に行ってない人もすでに観に行った人も、ぜひチェックして100%イベントを楽しもう!


展覧会は毒のおどろおどろしい雰囲気を感じさせる、パープルを基調とした魔女の毒薬調合室がイメージのエリアからスタート。ここでは、展示されている生物たちの毒レベルについての説明もされているから、忘れずにチェックしておくべし!


展覧会のポスターで一際インパクトを放っているポルカドットスティングレイは、このコーナーで来場者をお出迎え。人工的に彩色したような、ハイコントラストのドット柄がキュートでペットにしたいくらい。しかし尾の中央に隠された毒針に刺されてしまったが最後、ソッコーで救急車を呼ばないと命に関わる危険もある猛毒の持ち主なんです。

 
会場には、生き物だけでなく壁などに飾られた小物たちにも注目してみて! 実際に水族館で産卵されたサメの卵や毒キノコの模型など、細部に至るまで毒をテーマにしたもので溢れているからじっくり観察してみよう。




強さの違いはあれども、カエルはどの種類でも毒をもっていることを知ってましたか? しかもその種類の多さから、未だに危険度がよくわかっていないカエルも多いんだとか。特に今回展示されているチョウセンスズガエルは、一見しただけでは探し出すのが難しい擬態の名人。れんちゃんも「フィギュアみたいにかわいい♪」と大興奮! たとえどんなにかわいくても、野生で見かけたら絶対に触っちゃダメですよ。


キュートな生物ばかりで大したことないなって思っているあなた! 毒生物の恐ろしさはここからが本番ですよ! マッドサイエンティストの研究室をテーマにしたエリアでは、猛毒でおなじみのタランチュラが登場。かなり巨大な姿にれんちゃん結構ビビってます(笑)。








毒生物がいるのは、なにも陸上だけじゃないんです。一見すると安全そうな魚たちですが、毒牙や内臓に毒を持っているなど、野生を生き抜くため一筋縄ではいかない奴らなんです。れんちゃん的には、今回の展示で激しい嘔吐や腹痛を催すオニオコゼがいちばんイヤだったみたい。

 
続いては今回の目玉!? スカンクの登場です。写真で見ると小さそうだけど、実際は小型犬くらいあって結構迫力が! ちょうどお休み中だったみたいで寝顔がめちゃかわいい! クモやムカデなどグロテスクな生き物の後に出合うとかなり癒されます。※4月13日現在、シマスカンクの展示は休止しております。
 

スカンクと言えば、おしりからでる分泌液の強烈な臭いで有名。でもその臭いがどれだけすごいかご存じですか? なんと1km先まで臭うほど! さらにその臭さで一時的に失明してしまうほど危険なんです。ディズニー映画にも出演している、その愛くるしい見ためからは想像できないほど実はヤバい生き物だったんです。ちなみに会場では、調香師の方が特別に再現した臭いを嗅ぐこともできます。嗅いでも問題ないようにかなり威力を弱めているとのことですが、それでも生ゴミのようなショッキングな臭いなので食前食後は嗅がないように気を付けてね♪
……実はれんちゃん、臭い臭い言いながら何度もこの臭いを嗅いでいたんです。ひょっとして臭いものフェチなのかしら(笑)。
 





ラストは、実際に死亡例もある猛毒生物を集めたデンジャーゾーン。特別な免許がないと調理できないことでおなじみのフグを始め、映画「エイリアン」に出てくるフェイスハガーのような見ためのエイなど様々な生物が展示されています。ここでは実際にエラブウミヘビの燻製に触ることができる体験コーナーもあるので、勇気のある人はぜひ挑戦してみよう!


クレオパトラの死など、人類の歴史に密接に関わっている猛毒。数々のドラマを生んだ毒物に思いを馳せつつ、意外と身近なところにも毒は潜んでいることを再認識できる本展は、好奇心を満たしてくれること請け合いなのでこの機会にぜひ観に行ってみよう! ラストはれんちゃんのイベントレポートでお別れ。それではまた会場でお会いしましょう♪


【古関れんコメント】
実は一昨年開催されていた一回目の猛毒展にも行っていたのでとても楽しみにしていた「もうどく展2」。内装から毒毒しさがパワーアップしていて、ドキドキが鳴り止みませんでした。普通にいそうな生き物の見た目からは想像できない毒を持っているというこのギャップ。たまりません。猛毒の作用について分かりやすく説明してあるのですが、傷口が壊死するなど、そんなになる!?というような症状ばかり。
個人的にギャップ胸キュン大賞は、“スカンクの分泌液で一時的に失明”に送りたいです。実際よりだいぶ希釈されてはいるものの、スカンクの分泌液の再現も嗅ぐことができるのです。が、人により感想がだいぶ違い、それも面白かったです。
ひとりで行っても大変興奮しましたが、この恐ろしいギャップについて友達と共有するもよし、カップルで行っても盛り上がること間違いなし! 開催中にぜひ行っていただきたいです。


古関れん
LINE Blog:http://lineblog.me/kosekiren
Twitter:https://twitter.com/renchi_6
Instagram:http://instagram.com/renkoseki

INFORMATION

■毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどく展2)
開催期間:~6月25日(日)
開催時間:10:00~20:00 ※最終入場は終了30分前
会場:サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上 特別展会場
料金:600円
※水族館本館利用者、年間パスポート所持者、SKY CIRCUSサンシャイン60展望台、コニカミノルタプラネタリウム「満天」、古代オリエント博物館、ナンジャタウン、J-WORLD TOKYOなど対象施設・イベント利用者は400円