[ARTIST×FASHION]吉田凜音

[ARTIST×FASHION]吉田凜音

注目のアーティストのファッションを紹介する[ARTIST×FASHION]。今回登場するのは、高校1年生とは思えない歌声の持ち主で、各方面から話題を集めている吉田凜音(よしだりんね)。3月15日(水)にはラッププロジェクト「RINNE HIP(りんね ひっぷ)」として『裏原ンウェイ.ep』をリリースし、歌手としても活躍している一方、モデルとしても活動中の彼女の魅力に迫ります!
 

ー 3月15日(水)に『裏原ンウェイ.ep』をリリースしますが、本格的なラップでとてもカッコいいアルバムですね! 以前とは違う“ラップ”というジャンルに挑戦していますが、元々HIPHOPに興味はあったんですか?
凜音:ラップの曲を歌うようになったのは、2016年5月にYouTubeにアップした『りんねラップ』からです。実はあんまりHIPHOPに詳しくなくて、ラップをやると言われてから色んなHIPHOPアーティストさんの曲を聞くようになりました。

ー 『りんねラップ』が「RINNE HIP」の先駆けなんですね。
凜音:「りんねちゃん、ラップやってみない?」って言われて、自分で音楽表現の幅を狭めるのもなと思って、じゃあやってみますかってやってみたんです。いざ曲を公開してみたら、想像以上の評判があって「RINNE HIP」というプロジェクトがスタートすることになりました。


ー なるほど。でも、「ラップをやる」とはじめて言われた時、不安じゃなかったですか?
凜音:そうですね。今まで歌ったことがなかったので、どんな感じになるかも想像がつかなくて、わりと不安でした……。

ー 実際にラップをやってみてどうですか?
凜音:う〜ん、歌よりもラップのほうが評判がよくて、少し「あれ?」ってなりました。(笑)

ー それはなんだか複雑ですね。(笑) 凜音ちゃん的にはラップより普通の歌のほうが好きですか?
凜音:歌はもちろん好きです! だけど、ラップはラップですごく楽しくて、お客さんが盛り上がってくれるので、どちらも好きですね。

ー ちなみに、好きなHIPHOPアーティストはいますか?
凜音:参考に色んなアーティストさんの曲を聞きましたが、あまり名前は気にせずに、とにかく沢山の曲を聞くようにしていました。そのせいか、「◯◯◯さんっぽいね」と言われることは少ないです。

ー 誰にも染まってないからこそ、“吉田凜音”らしいオリジナリティのあるラップが完成しているんですね。
 


ー 続いて表題曲である『裏原ンウェイ』について聞かせてください。
凜音:実はこの曲、一番初めに送られてきた時と完成版がすごく変更されていて、初めて聞いた時は「可愛い曲だなぁ」と思ったのですが、完成版はそこにカッコよさがプラスされていて驚きました! カッコかわいいリミックスになっているので、聴いているだけでテンションが上がると思います! あとは、「アスパラより長い 細い 足 もも ファッション」みたいな抜けた感じの歌詞が沢山あってお気に入りです。

ー 原宿で撮影されたMVも印象的ですね。特に衣装が気になりました! 凜音ちゃんが大きくて派手なネックレスなど下げていて、その姿はまさにラッパーでした!
凜音:あんなに沢山の大きなネックレスを付けたことはなかったですね。(笑)  あれを付けただけで本当にラッパーになれた気がしました。


ー MVでオススメのシーンなどありますか?
凜音:MVでは私がギャングのボスを演じているので、手下を引き連れています。私みたいな高1の女子がアフロの人を連れて歩くことなんて、あまりないと思うのでそこが面白いと思います。あと、歌詞に沿ってストーリーが描かれているのも見どころ! さっきお話したファッションも含めて、私好みの作品になっているので是非チェックしてほしいです。
 

ー ファッションといえば、今回の撮影は私服を撮影させていただきましたが、すごくおしゃれですね! 「HR」や「Popteen」でもモデルとして活躍しているかと思いますが、ファッションでこだわりなどはありますか?
凜音:コーデの中に1点だけ、ハイプラアイテムを入れるようにしています。他のアイテムがプチプラアイテムでも、ひとつでも値段の高いアイテムがあれば、全体が高級に見える気がして。ちなみに、今日は「ユニフ(UNIF)」のバックパックがハイプラアイテムです!

ー ライダースジャケットが高いのかと思いました!
凜音:このライダースは実は3,000円で買いました。(笑)

ー 買い物上手ですね! どこで買い物をすることが多いですか?
凜音:原宿の“裏原”エリアで買い物するのが多いです。お店だと「キンセラ」や「ピンナップ」によく行きます。

ー おしゃれの参考にしている人はいる?
凜音:モデルのemmaちゃんのインスタグラムはいつもチェックしています! 

ー 凜音ちゃんがファショニスタとして注目される日は、そう遠くないかもしれませんね!




ー 最後に「RINNE HIP」改め、「吉田凜音」の今後の目標を教えてください。
凜音:音楽がすごく好きなので、尊敬している椎名林檎さんのような芯の通ったアーティストになりたいです。あとは、大きな会場でもライブがしたい! 他にも、アーティストだけじゃなく、“吉田凜音”としてもファッションやメイクなどを自分なりの感じで発信できたらなって思います。


6日間twitterにて、連続投稿された、吉田凜音のshort storyの全編版「RINNE HIP「原宿でshowtime」1st story〜6th story」もYouTubeで公開中! RINNE HIPの楽曲が詰め込まれたムービーをチェックしよう!

INFORMATION

吉田凜音

2000年12月11日生まれ。高校1年生。2016年、地元北海道から本格的にアーティスト活動に専念すべく上京。2014年11月にノーナ・リーヴスの西寺郷太プロデュースによるシングル「恋のサンクチュアリ!」で当時中学2年生13歳にしてメジャーデビューを果たす。2015年3月 1st album「Fantaskie」リリース! バラエティ番組「関ジャニの仕分け∞ 」の「歌うまキッズVSプロの歌手!カラオケ得点対決!」に出演し、各界から話題を集めた。
2016年5月、youtube上にて公開された”りんねラップ”が音楽関係者、ミュージシャンなどを中心に各所で話題となり、ラッププロジェクト「RINNE HIP」を始動。独自のファッションセンスも同世代の女子から高い共感を集め、ファッション誌にも掲載されるほか、映画への出演も果たしている。マルチな才能が光る、2000年生まれ世代代表の一人。

■RINNE HIP/「裏原ンウェイ.ep」
発売日:2017年3月17日(水)
価格:1,620円(税込)
<収録曲>
1. 裏原ンウェイ
2. Ready make some noise feat. DOTAMA
3. KITTY
4. Ride On Turtle
5. Lonely Rap Girl
6. りんねラップ (DE DE MOUSE high school state mix)

吉田凜音 公式サイト
https://rinneyoshida.jp